「ただいま。あ、咲樹くん」


学校から帰ると咲樹くんだけがいた。
瑠樹くん達はまだ帰ってきてない。


「亜夢、お前もう関わってないよな?」

「当たり前じゃん」

「ならいい。頼むから余計なことはするな。俺と亜樹が迷惑する」


瑠樹くん抑えてるのは咲樹くんだもんね。
咲樹くんが困ってるのはわかってるよ。
でも、私を見捨てないで。


「咲樹くん、瑠樹くんはどう?」

「今は普通」

「ありがとう」

「お前は俺の妹だ。大事だからちゃんとしろ」


大事って………いつも見て見ぬふりするくせに?
殴られてても庇わないくせに?
仲間外れにしてるくせに?


わたしが咲樹くん達を守ったら次は私を守ってくれるのかな?
まだ期待している私はバカなのかも知れない。


まだ私を守ってくれるって信じてる。


私たちは家族だよね?
私は3人の妹だよね?

助けて。
見捨てないで。

1人にしないで。

この作品のキーワード
暴走族  暴力  家族  財閥  切ない  友達  妊娠  ブルー14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。