迷ってる。


道路に座り込んだ結城を見て、思わず奈々子は近寄った。
身体から心が抜けてしまった、そんな顔をしていたから、声をかけてしまった。


結城の腕に抱かれると、コートが冷たくて、でも呼吸が首に暖かくて。
できるなら彼を幸せにしてあげたいと思ったけれど、自分にはできない気がした。


彼は寂しいだけ。
そんな気がする。



結城が身体を離して、奈々子を見つめた。
依然として不安そうな顔をしている。

「大丈夫ですか?」


そんな言葉しか思いつかない。

「大丈夫だよ」


結城が答えた。


この作品のキーワード
あまあま  いちゃいちゃ  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。