1on1は翌日の部活中、行われた。

攻守交代制で持ち時間は5分。
先に5本シュートを決めたら持ち時間内でも攻守交代。
延長ならフリースローで決める。

男子バスケ部員はもちろん、隣のコートを使うバレー部も見ている。

完全に余興扱いだ。


私は歯を食いしばって挑んだ。

絶対に私の存在を認めさせてやる。
こんな居心地の悪い環境、長居する気はないけれど、追い出されてたまるか!



決着はあっという間についた。

私は持ち時間前に5本シュートを決められ、オフェンスではすべてのボールをカットされ、シュートの体勢まで持ち込むことすらできなかった。

予告通りのコテンパンぶり。
パワーフォワードの白石岬はゴール下では無敵に近かった。

死に物狂いで挑んだのに、何度も床に転がされ、立ち上がっても弾きとばされ、這いつくばり、
私の挑戦は終わった。

この作品のキーワード
先輩後輩  バスケ部  純愛  切ない  愛憎  青春 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。