翌日の午後、一足早くダンス部が合宿所を後にした。


朝食の時に、佑真に告白した彼女を見かけたら、目がひどく腫れていた。



あんな積極的におして振られたんだもん。


かなりつらいのは分かる。


ライバルだとしても、かわいそうに思えた。


……他人事じゃないから。





「……ニヤニヤしてんなよ。気持ちわりい」


今、あたしは佑真のトスバッティングの相手をしているわけだけど、昨夜のことを思いだしてなんだがニヤケが止まらない。


佑真が女の子に興味ないのは分かったけど。



触れ合った体と体。


それだけで、あたし、しばらく頑張れる気がする――……

この作品のキーワード
切ない  青春  友達  ドキドキ  高校生  野球  片想い    ブルー14  甲子園