「マネージャー、そろそろ俺もよろしくー」


すぐそばで、先輩が"チェンジ"と手で合図する。


気づけば、もう30分も佑真へのトスバッティングをやり続けていた。


「あっ、はいっ!」


これは主にマネの仕事。

みんな交代でやってるのに、佑真ばっかり贔屓するわけにはいかない。


じゃあ…と腰をあげようとしたら、


「コイツ俺のなんで、ムリっす」


佑真は平然と先輩に向かって言った。


ドクン…と大きく胸が波打った。

この作品のキーワード
切ない  青春  友達  ドキドキ  高校生  野球  片想い    ブルー14  甲子園