「この事は秘密ってわかってるよね?」






―――普段とは違った不思議な一面






「俺を嘘つきにしないでね?」





ーーーいつも敵わなくて。





「しっ...みんな来ちゃうよ...?」






―――少しだけ?意地悪で






「はいはい、頑張ったね」






―――だけど本当は凄く優しい、






そんな気分屋の彼奴と、そんな彼奴に振り回される少し(多分)意地っ張りな私の物語。







百瀬 紫乃  
momose sino


×   


望月 葉瑠
motiduki haru









*******     






初めての作品ですが、暖かく見守って頂けたら幸いです。