鶴と嘘つきが出会ったのは

愛にさまよい想い焦がれる

二人の擦れ違いユーレイだった



「あんさん、好きな人に会えへんで
寂しくないんかいな」

「君を置いてどこかへ消えてしまった
彼が、憎くないのかい」



問いかけてみれどユーレイは

哀愁を帯びた笑みを浮かべて

ただ一言こう言うだけ


「「それでも、愛してるから」」


たとえ会えなくとも
それこそ死んでしまっても


愛があるなら



▼黒猫彼方サマより▼
【榛名 樒子】
【三隅 和寿】
を、お借りしています

▼鶴と嘘つき▼
【REALLY】
【塩辛い酒よりも、甘ったるいだけの酒が飲みたい。】
に、登場しています


※※注意※※

作中に出ている方言は関西弁ではなく、私オリジナルの【ドナ語】です

悪しからず


[THANKS]
黒猫彼方サマ
レビュー・感想ありがとうございます!

この作品のキーワード
黒猫キャラ  嘘つき  ドナ語  悪魔  ユーレイ