「君と結婚する気はない。」

「えっと…。」


結婚しなければならなくて、いざ相手に会いに行ったら…そう言われ。


でも、私の秘密を知ったら……。



「ソフィア、はい。」

「こ、これは?」

「プレゼント。」

「あ、ありがとうございます。」



何故か、私に優しくなって…。

でも、彼の秘密を知ってしまい…。


夜になると大変な事になる姫
ソフィア・ソビュール
×
発作が起こると大変な事になる王子
レイン・ローザン




秘密を持った2人の恋は上手くいくのか⁉︎



甘いような甘くないような話です。

1度、別のサイトに載せています。


この作品のキーワード
小さい  王子様    ヴァンパイア  幼女  甘い