★★★★★
もどかしく揺れる心
過去に置き去りのままで綺麗な思い出にできずにいる恋が、偶然の再会によって動き出し、成就するまでの物語。

高校時代の別れが苦いものであったために、再び近づいてもどこか相手を疑ってしまうヒロインの気持ちは、色んな経験を積んだ大人だからこその感情。

一見臆病すぎるようにも見える彼女ですが、その複雑な心情が丁寧に描かれているので、彼女の気持ちに寄り添い、共感することができました。

運命的な再会からもどかしく揺れていた女心を、ヒーローである将平がどうやって溶かしていくのか……

そしてタイトル「凛と甘いひと」にこめられた意味。

それらを楽しみながら、ゆっくり堪能した作品でした。

是非、ご一読を♪
来海シスコ
14/03/18 20:14

>>新着レビュー一覧へ