あれは、さかのぼる事、数十年前…
同い年の男の子がサッカーや野球を楽しんでいる、、、
そんな、ある晴れた日の出来事。




私は…母親のドレッサーの前にいました。


今日こそ探すのよ!あの道具♡
えーと…あった!これこれ。


『痛ーい‼』


何コレ!こんなのやってるの⁈


あのママみたいにぱっちりしたクルクルした睫毛、、、、

(私の母親)


ビューラーってこんなに痛いのね。

でもでも、毎日やるわけだから、、、
コツがあるはずよね!

ママはいつも鏡を下にして覗き込みながら…………うふふ出来たわ♡



モデルをしていた母親のドレッサーは
ウイッグ、付けまつ毛、シャネルNo.5の香水、ヘアーアイロン、マスカラ、リップ、、、、なんでもありました。


そして、あの日、ドレッサーの前の男の子は、いつもみているママのように、キラキラした、クルクル睫毛に薔薇色リップ、ウイッグで巻き毛のヒカルちゃんがいました。

別人。

まるでバービー人形みたいな"気分♡"

この作品のキーワード
佐野ヒカル  美容  メイク  きれい  実用  連載 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。