アイシャドウの選び方と付け方。


100均の場合試せないから見た目で選ぶしかないので、見た目での選び方。

まず、表面を見て白っぽい物と、色がハッキリしていて白っぽくないものがあります。

写真①②③のアイシャドウを比較して見て。

引き締めカラーの表面を見ると濃い色なのに白っぽいく見えるのが③j色。パールが沢山入っているから、がっつり黒っぽくしたくても柔らかい色になるの。

パールやラメやホログラムといった物が多く含まれているものは白っぽくなり、
①b色のようにパールが入ってない物はハッキリした色になります。

フワッと仕上げたい人は濃い色を選んでも表面が白っぽい物を選べば大丈夫、ハッキリした色を好む場合は表面が白っぽくないものを選ぶと自分の思った通りの発色のアイシャドウになるわよ。

写真ではちょっとわかりずらいかしら。


①キャンドゥふわっと仕上げのニュアンス美眉
商品名:ACアイブロウパウダーDB

②セリアツーウェイアイシャドウ01
商品名:ACツーウェイアイシャドウ01

③キャンドゥしっとり使用感で仕上がりキラキラ
商品名:ACウェットアイシャドウ01

*店舗・時期によって在庫状況はかわります。


写真①②③のパウダーはそれぞれ①がパール無し、②が中間で③がパール多めです。
①はアイブロウパウダーですが、引き締めに適しています。パールは皮脂に弱いので取れやすいですが、アイブロウのパウダーは逆に汗に強いです。目のきわは睫毛があり皮脂が出ますので、引き締めカラーとして適しますので、アイシャドウとして使います。

つきがいいのでハッキリした表現になります。

パール感やキラキラ感が好きでない人はこのパールの入っていないパウダーを薄くつけると良いでしょう。


道具のページで紹介した写真①のブラシは強い発色のものをフワッと仕上げたい人に向いているブラシです。

この作品のキーワード
佐野ヒカル  美容  メイク  きれい  実用  連載 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。