昼休みを告げるチャイムが社内に響きわたる。私は早速パソコンのキーボードを脇によけて、机の引き出しから小さな保温バッグを取り出した。

 中にはザクロの作ってくれたお弁当が入っている。

 バッグから取り出した包みをほどくと、中から細長い楕円形で二段重ねのお弁当箱が現れた。

 上の段はおかずで下の段はごはんを詰めるようになっている。
 お弁当箱をまとめたゴムバンドをはずし、ふたつを並べてふたを開けた。

 思わず緩みそうになる顔を必死で押さえる。
 おかずエリアには、ザクロが得意な和食が並んでいた。

 インゲンのゴマ和えと鮭の塩焼き、里芋と椎茸の煮物。私がリクエストした卵焼きとタコさんウインナーも入っている。隅には真っ赤なミニトマトが添えられていた。

 ごはんエリアにはゴルフボールのように小さく丸められたおにぎりが五つ。てっぺんには黒ごまが振ってあって、お弁当箱の真ん中には、おにぎりの間に梅干しがひとつ入れてあった。

 両手を合わせた後、ゴマ和えに箸をのばした途端に、肩を叩かれた。

 誰よ。私の幸せなひとときを邪魔する奴は。

 私は箸を持ったまま、思い切り不機嫌を露わにして振り返る。


「海棠、久しぶり」


 のんきに笑いながら、体育会系の大男が私を見下ろしていた。
 あまりに懐かしい顔に、私の不機嫌はなりを潜める。


「本郷さん。どうしてここにいるんですか?」
「今日からこっち勤務になったんだ。朝一から直行で課長と一緒に客先へ挨拶周りしてきた」


 それで朝からずっと課長がいなかったのか。
 行き先表示版に「直行」しか書いてないから、どこに行ったのかちょっとした騒ぎになっていたのだ。

 本郷巧(ほんごうたくみ)は私の二年先輩で、私が新入社員の時、新人指導係をしていた。
 見た目通りの体育会系で、学生時代からやっていたサッカーを今も社内の同好会でやり続けている。

 面倒見もよく、時々私も含めた新入社員を引き連れて飲みに行ったりもした。
 三年前に東京支社に転勤になって、それきり疎遠になっていたのだ。


この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。