クリスマスが終わると、息つく間もなく冬休みに突入した。

 あれから本郷さんは食事に誘ったりはしない。一度みんなで飲みに行ったから満足したのか、単に社内ですれ違っていたからかはよくわからない。

 年末は忙しいので、私が外回りに出ていたり、逆に本郷さんが客先に行っていたり、会議の連続で終日席にいなかったり、とにかく滅多に顔を合わせることがなかった。

 朝と帰りの挨拶くらいしか口を利かない日もあったくらいだ。そしてそのまま冬休みになった。

 ひとつ気になることはある。クリスマスの翌日だったと思う。帰宅しようとしていた私は、ビルの出口で客先から帰ってきた本郷さんと鉢合わせした。

 出口の脇にはいつものようにザクロが迎えに来て立っている。本郷さんはチラリとザクロのいる方を見て、険しい表情をしたのだ。
 でもそれはほんの一瞬で、すぐに私に笑顔で挨拶をしてビルの中に入って行った。

 もしかして本郷さんにはザクロが見えているんだろうか。飲み会の帰りにもザクロの方を見ていたし。
 彼が霊感の強い人だとは聞いたことがないけれど、休み明けにでも聞いてみよう。

 そんな事を考えながら、私は帰省のための荷物をまとめた。

 結局忙しくて、実家に帰るのはザクロの繭を見つけた時以来だ。ザクロにとっては数百年ぶりの故郷になる。油断して親のいる前で彼に話しかけないように気をつけないと。

 今日はこの冬一番の寒さだという。どうして毎年年末年始は”この冬一番”とかの寒さになるのか不思議だ。

 風邪を引かないようにと心配するザクロに促されながら、しっかり着込んで私は家を出た。

 しっかり着込んでいても、外にでると刺すように冷たい空気が唯一むき出しの顔を刺激する。風がないのが救いかもしれない。

 どんよりと重い雲に覆われた低い空から、今にも雪が降りそうで、あたりはまだ日が落ちていないのにかなり薄暗い。

 いつものようにスーツだけの薄着なザクロが、見ているだけで寒い。駅に向かって歩きながら、私はこっそりお願いした。


「ねぇ、コートくらい着てくれる?」
「かしこまりました」

この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。