今年もまた面倒な季節がやってきた。バレンタインデーなんて、元々は恋人たちの日なんだから恋人たちだけ楽しんでればいいのに、どうして社内行事のようになっちゃってるんだか。

 いっそ国民の祝日になってくれれば、会社での義理チョコ配布をしなくていいのにと思う。

 面倒なことになったのは理由がある。

 私が入社した頃は社内女子全員からお金を集めて、男子全員に配る仕組みになっていた。ところがある時、一部の女子社員からやりたい人だけが個人的にやればいいんじゃないかという意見が出たのだ。

 誰も反対しなかったので、その年から全員から全員へというチョコの配布は廃止となった。これで会社での義理チョコは配らなくていいと思っていたら甘かった。

 実際に義理チョコを配らなくなったのは、廃止を提案した主婦社員数名で、本命のいない女子ほど、義理でもいいからチョコを配りたいらしい。

 ほとんどの未婚女子は、自分の所属部署の男子社員にチョコを配っている。私の課は元々人数が少ないので女子は私ひとり。
 私が配らなければ、うちの課の男子社員は会社で義理チョコすらもらえない寂しい男子になってしまうのだ。

 かくして、私は毎年この時期、忙しい仕事の合間を縫って義理チョコを物色しにデパートの特設会場をうろつくはめに陥っている。

 去年は本命がいなくなったので、特にむなしかった。今年も本命はいないけど、いつもお世話になっているザクロと本郷さんにはちょっとまじめに選ぼうかなと考えている。

 でも本郷さんはともかく、ザクロって食べないから、チョコじゃない方がいいのかな。だとしたら何をプレゼントしよう。

 前の彼は甘いものが苦手だったから、チョコではなくワインをあげた。ラベルにハートのマークが描かれているちょっと高級なワインだ。けれど同じじゃ芸がないよね。

 たぶん何をあげてもザクロは喜んでくれるとは思う。でも食べ物よりも実用的なものがいいかもしれない。

 私は本郷さんよりも、ザクロに何をプレゼントするべきか真剣に悩み始めた。



この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。