家に帰り着くと、玄関には甘いチョコレートの香りが充満していた。自分用のチョコを買っていなかった私は一気にテンションが上がる。


「チョコ作ってくれたの?」
「はい。今日はチョコレートを贈る日だとテレビで見ましたので、フォンダンショコラを作ってみました。今日召し上がりますか?」
「もちろん! 待ってて。すぐ着替えるから」


 ザクロを玄関に残して、私は奥の部屋に駆け込んだ。急いで着替えを済ませ、食卓について待つ。少ししてザクロが紅茶と一緒にケーキを載せたトレーを持って現れた。


「どうぞ。火加減が難しくて、これとあとひとつしかうまくできませんでした」


 どうやら何度か失敗したらしい。けれどちゃんと作ってくれるんだからすごい。

 差し出された皿の上にはプリンのような形をしたココアケーキが載っている。フォークの先でスポンジに切れ目を入れると、中からトロトロのチョコレートが流れ出してきた。

 それを素早くスポンジにからめて口に放り込む。まだ暖かいケーキとチョコレートが口の中でさらにとろけた。


「うーん。たまんなーい。溶けたチョコレートってなんか一段と甘くておいしい気がする」


 私が幸せをかみしめながらニマニマしていると、ザクロが少し苦笑しながら指摘した。


「それは溶けたチョコレートじゃないんですよ」
「え、違うの?」
「溶かしたチョコレートを混ぜた生地を型に入れて、真ん中まで火が通る前にオーブンから出すんです」


 ようするに生焼けのチョコケーキ? どうりで火加減が難しいはずだ。
 フォンダンショコラってケーキの生地の中にチョコの塊を入れて焼くものだと思っていた。


「ま、おいしければなんでもいい」


 そう結論づけて、私は再びケーキを口に運んだ。


この作品のキーワード
現代  ファンタジー  オカルト  OL  妖怪  執事  ほのぼの  主従  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。