「あはは! 真衣のそういうところ、わたし好き」




そう笑う沙弥は、他の誰よりパステルイエローと長めのスカートが似合ってる。


あたしを除いて、だけどね!



「でもさあ。ここまで周りが一緒だとなんかなー。気に入らないってわけじゃないんだけど、」


「面白くない?」


「そう、それ!」




つまんない。

それにさ、あれだけあたしのこと白い目で見ておいて、よく恥ずかしげもなくマネできるなって思う。


別にいいけど。沙弥が気にしてないなら。




「お。問題児はっけーん」


「イタッ!?」



いきなり頭をべしんと叩かれて。


振り替えると清水先生がいたずらっぽい顔で立っていた。



「清水先生。おはようございます」


「おはよう、桂木」


「ちょっと先生! いきなり何!? いま出席簿で叩いたでしょ!」