雨が降り続いている。
 さあさあと儚げな音を立てながら、辺りの景色を滲ませてゆく。

 美雨(みう)はその中を、ゆっくりとした足取りで歩いていた。

 六月に入ったとはいえ、雨の降った日は空気がひんやりとしているように感じる。

 しばらく歩くと橋が見えてくる。
 数えるのも忘れるほど、そこは何度も行き来を繰り返してきた。

 そこにひとりの青年が立っていた。
 年の頃は二十歳前後といったところだろうか。
 雨が降っているというのに、傘を差すこともなく、ただ、何かに想いを馳せるように遠くを見つめている。

 恐らく、長いことその場に立ち尽くしていたのだろう。
 黒に限りなく近い焦げ茶色の髪からは雫が流れ落ち、全身を容赦なく濡らしている。

 傍から見たら非常に滑稽で情けない姿だ。
 あまり関わらない方がいい。
 そう思いつつ、美雨は何故か、青年との距離を少しずつつ縮めていた。

 青年とは初対面だ。
 けれども、何故、これほどまでに気になってしまうのか美雨自身も全く分かっていない。
 それなのに、彼を放っておいてはいけない、ともうひとりの自分が心の中で訴え続けていた。

 気が付くと、美雨は青年に傘を差し出していた。

 青年はすでにずぶ濡れの状態だったから、今さら傘を差し出しても無駄だろうと思った。
 それでも、青年を少しでも冷たい雨から守ってあげられたら、と美雨は思った。

 案の定、青年は驚いたように、傘を差し出してきた美雨を見つめる。

「――どうして……?」

 雨に掻き消されそうなほどの低い声で、青年は美雨に訊ねてきた。

「どうして、なんでしょうね」

 美雨は答えにならない答えを青年に返す。

 本当に、何とも答えようがない。
 美雨自身、無意識の行動であったのだから。

 青年はますます困惑したらしく、怪訝そうに美雨を凝視している。

この作品のキーワード
結婚  夫婦  運命  切ない  しっとり  シリアス  出会い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。