気が付くと、彼女と同じ道を歩み始めてから二年の歳月が流れていた。

 出逢った日も計算に入れれば、すでに七年である。

(時の経つのは早いな)

 星の瞬く夜空の下を歩きながら蒼介は思った。



 蒼介には恋人がいた。

 彼女とは高校からの付き合いで、大学に進学し、さらには就職してからも続いた。

 ただ、結婚に関してはなかなか踏み出せなかった。

 彼女は蒼介からのプロポーズをずっと待っているようだったけれど、蒼介の中では、もう少し、自立出来るほどの余裕が出来るまではと考えていたからであった。
 それに、生きてさえいれば、いつでも彼女に伝えることが出来る。
 そう信じていた。

 ところが残酷な運命は、事故という形でふたりを引き裂いた。
 雨の降りしきる日、彼女は傘を差しながら青信号に変わった横断歩道を渡っていた。
 そこへ、物凄いスピードで一台の車が迫ってきた。

 車道側の信号は赤。

 彼女は車が停まると信じ、そのまま歩き続けた。

 ところが、車の速度は一向に落ちない。
 それどころか、雨で路面が濡れているのも手伝い、スピードはさらに増してゆく。

 ――そのまま、彼女はなす術もなく身体は飛ばされた。

 その惨劇は蒼介は直接見ていなかったけれど、たまたま近くに目撃者がいて、数日後、その人から事故の一部始終を聞かされた。

 彼女は即死だった。

 何が起こったのかも分からぬまま、天に召されてしまったのだ。

この作品のキーワード
結婚  夫婦  運命  切ない  しっとり  シリアス  出会い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。