彼は、高校教師の傍ら実家の銭湯を手伝っている



最初の出会いは、バーだった
その後は、高校の文化祭
ひょんなことからデートすることになったけど


嫌な事ばっかり言うし
人のこと振り回すし
すっぴんも披露させられて


あんなやつ
絶対好きにならない


つもりだったのに


気づいたら


誰よりも


大切な人になっていました





石野清花(31歳)


波多野省吾(34歳)








この作品のキーワード
過去  恋愛  教師  結婚  銭湯  家族 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。