ただ、考えてた。

部屋の隅に縮こまって、見えるのは自分の影がうつった白い壁紙。

ひとつ、指で触れてみる。
ひとつ、また、もっと。

こうしていないと、存在がわからなくなるからだ。

この作品のキーワード
気持ち  哲学  ファンタジー  短編    不思議      少女  感動