ある日、私は造られた。
青い星を調べるために。
だが私は知らなかった。
目的はもう一つあると。
「探せ。消えた奴を。」
私の頭を巡る誰かの声。
そんな中私は出会った。
ある一人の「青年」に。

アンドロイドの物語を、
人間である作者が描く。
「例え機械であろうと、
誰の中にも心はある。」

~感想~
ゆぅぱぱ。さん
素敵な感想をありがとうございました!

この作品のキーワード
恋愛  学園  アンドロイド  同居  部活  SF  転校生  俺様  総長  史上最強