何も考えず


肩の荷物を
おろして読んでくれたら
嬉しいです