私の恋はいつも涙色。




幼なじみに恋して泣いて泣いて.....




全然振り向いてもらえなくて.....




私が1番近くで見てきて1番あなたのこと知ってるのに.....




でもそのあとに現れた優しい王子様。




あなたのおかげで悲しいことも乗り越えられたよ。





もしよろしければコメント下さい。




本棚に入れて頂けたら嬉しく思います。





よろしくお願いします(*^▽^*)





この作品のキーワード
幼なじみ  片想い  届かない  王子様  高校生  短編