本を真剣に読む君の横顔


それがとてもきれいで

ひきつけられた。


必ずあの時間の電車にのってるあの子に俺は恋をしました。




この作品のキーワード
短編  電車