翌日から土日月と三連休だった。
3日間、何も手につかず悶々と家で過ごした私は、火曜日に出社した。

オフィスに到着するなり、デスクに突っ伏す。

別につわりで気持ち悪いとか、そういうのナイ。

でも、これから顔を合わせる相手が問題……。


私、正常に反応できるかわかんない。


「おい、梅原」


キター!!
私はおそるおそる後ろを振り向く。


そこには部長、一色褝(いっしきひとえ)がいた。


「一色部長……おはようございます」


「なんだ、おまえ。死にそうな顔だな。生理か?」

この作品のキーワード
妊娠  出産  大人の恋  赤ちゃん 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。