「分かっているよね?君は、俺がいなきゃ何も出来ない。赤ん坊と同じだ、世話する奴がいないと生きることもままならないのだから。

そうして、俺以上に君の世話役に適任な奴は他にいない。きっと、今の君を見たら誰もが気味悪がるだろうから。

俺だけだよ、こうして今の君でも愛し続けていられるのは。

ねえ、分かるよね?今の君が一番必要な奴は誰か。その誰かに何て言えばいいのかも、ね」

この作品のキーワード
ヤンデレ