「大丈夫?」

秋本くんが私の顔を覗きこんで心配そうに訊ねる。

「うん…」

「ごめん。俺…、つい色々言っちゃって。何だか伊藤さんが許せなくて…。関係ないのに熱くなって…」

申し訳なさそうに言う彼を見て私はクスッと笑ってみせた。

「なんで秋本くんが謝るの?私、嬉しかったよ。心配してくれて」

「本当にごめん。…今から戻って伊藤さんに謝ろうか?」

「いいの。これで。もう、終わったことだから。克哉もこのままのほうが私と別れやすいわ。あの人、妙に真面目なのよ。
秋本くんの存在があれば、安心すると思う」

私が強がって言うと彼はさらに申し訳なさそうな表情になる。

「…本当に好きなんだな、伊藤さんのこと。相手の幸せを考えて身を引くなんてなかなかできないことだよ。
…まずったな。俺が今フリーなら迷わず口説くのに。本当にいい女だよ、浅尾さん。
伊藤さんももったいないことするよなー」

「慰めてるの?ふふっ。お世辞でも嬉しいわ」

泣きそうになりながらも笑顔を崩さないように言ってみせる。

「お世辞じゃないよ。ほんとにそう思ったんだって」