泣き顔を隠すことすら忘れて顔をくしゃくしゃに歪ませていく。

「…ふ…っ、ふははは。…本当に不細工だな。もっと可愛く泣けねぇのかよ」

克哉は笑いながら私の顔にハンカチをゴシゴシ当てる。

「けっ…化粧が…っ。剥げるー…。やめてー…」

「大丈夫だ。剥げても顔はそんなに変わらない。あははは」

私の顔を拭く克哉の胸にしがみつく。

…ここに帰りたかった。

「甘えん坊。やっぱりほんとにバカだ」

長い腕が私を包む。

「もうしばらく俺の嫁をやってろ。逃げだす時期がまだ早い。諦めろ。やがて終わるときが来るさ」

…逃げ出したいのはあんたの方でしょ、と思ったが、口には出さなかった。

もう少し、側にいたいから。