「ちょ…!何!?克哉?」

佐奈がわたわたと慌てた様子で逃れようとする。

「動くな。…しばらく、このままで」

そんな彼女を抱く腕の力をさらに強めてその肩に顔を乗せた。

「な…何なのよ」

佐奈は訳が分からないとでも言いたげな声でそう言うと、ピタリと動きを止めた。


エレベーターの中で、『帰ってこい』と言ったとき、佐奈は声を上げて泣いた。
きっとどうしたらよいのか分からなくなっていたのだろう。

実家の事情と、愛情のない夫婦生活。
逃げ出したくても逃げられない、彼女には板ばさみの現実。

佐奈にとって、亜由美と俺の仲を誤解したことは案外、現状を変えるチャンスだったのかも知れない。

俺もそんな佐奈を一度は納得して手放したつもりだったが、浅尾屋がイトー開明堂に吸収された現実は思ったよりも深刻だった。

俺たちの婚姻がもたらした親戚関係のお陰で、浅尾屋は業界から変わらぬ扱いを受け事業を続けている。

ここで離婚すれば後ろ盾がなくなり、途端に廃業の危機に陥るだろう。