「女々しいな…」

それを指で弄びながら呟く。

「克哉」

そのとき声をかけられて振り返った。

「…亜由美」

ニコニコと笑いながら亜由美は俺に近づいてきた。

「何、こんなところで。サボり?珍しいじゃない。企画の鬼が」

彼女は俺の隣に立って言いながら可笑しそうに笑う。

「そうか?俺もさぼるよ。部の中では不真面目な方じゃないかな」

言いながら慌てて指輪の箱をしまう。

「あなたが非常階段を上るのが見えて付いてきたの。驚いた?」

「驚くよ。仕事に戻れよ。…って、俺もか」

目を合わせて笑う。

亜由美を好きになれたらどんなにいいだろう。
こんな風に苦しむことなんてきっとなくなるのだろう。