――「あんたは本当にお人好しね」

ベッドで克哉の胸に抱かれながらポツリと言った。

「…何がだよ」

克哉はそう言いながら私の垂れた髪を耳にそっとかける。


「私のことなんて放っておけばいいのに」

「意味が分からねぇ」


彼は私の額に軽くキスをすると私の身体を抱きしめなおした。


…あんなにひどいことをわざと言ったのに。
こんな風に優しく抱かれた後では悪態をつくことすらできなくなる。

私の取った行動はどうやら彼の責任感を、より駆り立てただけだったようだ。
中沢さんに事情を全て話して待たせているはずなのに、今の克哉の優しい表情が嘘だと思えない。


強引に私を奪うようにベッドへと倒れ込んだのに、彼の指先はいたわるように優しく私に触れた。

彼の真意が見えない。