発売中の本をさがす

レーベルコンセプトをチェック

ベリーズ文庫 マカロン文庫 スターツ出版文庫

    レーベルで検索

    タイトル/作家名/キーワード/イラストレーター名で検索

    刊行年月日で検索

※発売日順に表示しています。
※一部の書籍化作品は、試し読みでの公開となります。

マカロン文庫
クールな公爵様のゆゆしき恋情2
吉澤紗矢/著 イラスト:坂本あきら
「なにがあっても、お前のことは俺が守る」

マカロン文庫
友情結婚~恋愛0日夫婦の始め方~
颯陽香織/著 イラスト:椎名菜奈美
恋愛0日のかりそめ新婚生活!?

マカロン文庫
溺れて染まるは彼の色~御曹司とお見合い恋愛~
北条歩来/著 イラスト:北沢きょう
「俺に染まったお前は、最高に綺麗だ」

マカロン文庫
クールな副社長の独占プロポーズ
鳴瀬菜々子/著 イラスト:上原た壱
「離しはしない。もう君は、俺のものだから」

マカロン文庫
御曹司と溺甘ルームシェア
滝井みらん/著 イラスト:ゆえこ
「悪いけど、一生離してやらない」

マカロン文庫
バージンロードで始めましょう~次期社長と恋人契約~
岩長咲耶/著 イラスト:ワカツキ
契約恋人のはずが、次期社長からプロポーズ!?

マカロン文庫
無慈悲な部長に甘く求愛されてます
橘樹 杏/著 イラスト:gamu
冷酷な上司からとろけそうなほど甘やかされて…!?

マカロン文庫
大人の極上オフィスラブ イジワルな彼と蜜愛デイズ
西ナナヲ/著 イラスト:蔦森えん
「何度も言ったけど、本当に好きだよ」

マカロン文庫
鬼部長に溺愛されてます
紅カオル/著 イラスト:gamu
社内恋愛禁止のはずが、冷徹部長から溺愛宣言!?

マカロン文庫
クールな御曹司の蜜愛ジェラシー
黒乃 梓/著 イラスト:上原た壱
クールな御曹司に、溺れそうなほどに甘く愛されて…

マカロン文庫
イジワル同期の独占欲に火をつけてしまいました
きたみまゆ/著 イラスト:茉莉花
「明日も明後日も、十年後もその先もずっと愛してる」

マカロン文庫
亡国の王女と覇王の寵愛
櫻井みこと/著 イラスト:あららぎ蒼史
「俺の望みはお前と一緒に生きること」

マカロン文庫
華麗なる国王の囚われ花嫁~若き絶対君主の一途な愛~
藤崎摩夜/著 イラスト:カトーナオ
「今日からお前は俺の妻だ」――国王陛下は極甘な愛妻家!?

マカロン文庫
クールな部長は溺愛同居人!?
小田真紗美/著 イラスト:琴ふづき
クールな部長とナイショの同居生活!?

マカロン文庫
大人の極上オフィスラブ エリート上司の独占愛
西ナナヲ/著 イラスト:蔦森えん
一夜の過ちから始まる大人の極上オフィスラブ!

マカロン文庫
お見合い結婚狂騒曲
米原湖子/著 イラスト:青井レミ
お見合い結婚なのにとろ甘に愛されて…

マカロン文庫
溺甘副社長にひとり占めされてます。
真崎奈南/著 イラスト:篁ふみ
「思いっきり、甘えさせてあげるから」

マカロン文庫
イジワル部長と仮りそめ恋人契約
春川 メル/著 イラスト:ワカツキ
ニセ恋人から溺愛される日々が始まって…!?
  • ベリーズ文庫
    ドキドキする恋、あります。
    ――ふとした瞬間に投げかけられる、彼の優しい言葉。
    ――仕事でミスした時の、カッコイイ上司の愛あるお説教。
    なんでもない毎日に、こんな“恋につながる出来事”がたくさん起きたら、ドキドキしませんか?
    本を読むことで日常にもっとドキドキが溢れたら、私たちはよりハッピーになるはず!
    苦しいほど、甘くしびれるほど、泣きたくなるほど…そんな“ドキドキする恋”だけを集めた恋愛小説の新たなレーベル、それが『ベリーズ文庫』です。
  • マカロン文庫
    恋にはいろんな色がある。そう、それはまるでお店に並ぶマカロンのように。
    運命的な出会いにときめいたり、大好きな人から溺愛されるような“ピンクな恋”だけでなく、好きな人とお散歩したり映画を観たりするなにげない日常に幸せを感じる“イエローな恋”や、届かない想いに胸が苦しくなる“ブルーな恋”などなど…恋には、その数だけ色がある。もちろん、舞台は現代だけではなく、異世界だったり仮想の異国などのファンタジーでも恋は至る所で生まれています。
    そんなカラフルな恋を、通勤中やおやすみ前の時間に楽しめる電子書籍レーベル、それが『マカロン文庫』です。
  • スターツ出版文庫
    この1冊が、わたしを変える。
    小説はときに読者の人生に大きな影響を与えます。
    スターツ出版文庫はそういう小説の持っている力をひとつひとつの本に込めていきます。
    いつまでも読めるように、大切にとっておけるように5つのことにこだわります。
    1. 縦書き
    2. 面白く読めて、大切なことが見つかる
    3. 人に伝えたくなるストーリー
    4. 大人から学生まで幅広い人たちが読める
    5. いつまでも大切にしたくなる表紙デザイン