魔王と王女の物語 KAL/著

魔王と王女の物語 「俺は王女の影となり弄んでやる!」不死身の己を哀れんだ魔王がかけた呪いは…

あらすじ

ゴールドストーン王国の魔法剣は、どんなものでも切り裂くらしい…その存在を知った不死身の魔王・コハクは自ら魔法剣に向かっていく。しかし命を絶てず、コハクは剣を突きつけた勇者・カイに呪いをかける。その呪いとは、“カイの娘の影としてとり憑く”というものだった。数年後、カイの娘、王女・ラスの影となったコハクは…。

著者コメント

応援して下さった皆様のおかげで、この度、書籍化となりました!大幅な改稿を行ったので、読みやすくなったと思います。また同時にベリカフェ版(WEB版)とは違うエンディングをご用意したので、違いを見つけて楽しんでもらえたら嬉しいです。なぜか、よりヘンタイに磨きがかかった魔王をよろしくお願いします!

小説を読む

イラストレーター 森 亜弦

こんにちは、表紙と本文イラストを担当させて頂きました森 亜弦と申します!純真無垢な王女の影に取り憑いた不死身の魔王、引き裂かれるべき二人が育む純愛と、ラストにかけての展開は目が離せません。物語を楽しむお手伝いとなれば幸いです。

Berry's Cafeの書籍

書籍化作品は発売一ヶ月前に全ページ公開を終了し、試し読みでの公開となります。

書籍情報を見る