月刊注目作家 2012年11月 浅海ユウ

月刊注目作家 今、注目の作家を毎月1名ご紹介★

2012年11月 浅海ユウさん

注目理由

『Devil's Night』が掲載された当時、怖い怖い!と編集部内で浅海さんの噂がすぐに広がり、皆で他の作品も読み漁ったのを覚えています。圧倒的な世界観で読者の心をつかんで離さない、そんな魅力あふれる作品を書いてる浅海さんはどんな方なのだろう……ついに、聞いてしまいました!

インタビュー

――『デビルズナイト』書籍化、おめでとうございます!長い掲載期間中、何度も推敲されていますが、作品を進化させるためのコツ等はありますか?
ありがとうございます。応援して下さった皆様のお陰です。そうですね。自作いじりが趣味なもので、本作も覚えてないぐらい改稿/校正を重ねてきました。私の書く物は荒唐無稽な物語が多いもので、途中、ストーリーが破綻してしまわないようにプロットは最初に時間をかけて作りこみます。早く執筆に入りたくてウズウズしますが、ここは我慢のしどころです。(笑)一度書きあがってしまうと、校正や改稿、推敲に当たってもプロットの見直しはしません。ただ、時間軸の整理など、大きなバイパス手術が必要になったりすると、あわわ、あのプロットはどこに〜(汗)と慌てます。逆にラブコメなどは勢いを優先するため、プロットは立てないので、いつも、あわわ〜となってます。
――作家さんによって、取材、経験、想像&妄想のバランスがあると思うのですが、浅海さんの場合はどのように書き始めることが多いですか?
天から妄想(コンセプト)の神が降臨したら、頭の中にあるネタBOXの引き出しを色々開けてみます。ホラーやミステリーなど、非現実的な物語ほど道具立てにはリアリティが必要だと考えていますので、会話や舞台は見たり聞いたりした過去の経験を活かし、見たこともない場所(果てしなく広がる虹色のお花畑とか)、聞いたこともない会話(おっと、そうは問屋がおろさないぜ、とか)、というのはなるべく書かないよう気をつけています。あり得ない話ばかり書いているので、会話や場面まで嘘くさかったら、誰も引き込まれてくれないですよね。テヘ。
――これまで小説執筆以外のことで夢中になったものはありますか?
ギャンブルですかね…。タバコが苦手なのでパチンコはやりませんが、競馬やカジノ、株式まで、色々な賭け事をやりました。結婚して所帯を持ったのを機に博打はスッパリ辞めましたね。(←男前・笑)と言いつつ、トレードだけは今でもやっていますが。
――個性的な作品が多いですが浅海さん自身、人生で変わった経験があれば教えてください。
ヘンな経験は『くらげ日記』の中に山ほど書いています。それ以外で、あえて言うなら就活体験でしょうか。実はその場で提出すべき、入社テストの答案を誤って持ち帰ってしまったんです。すぐに気づいて引き返したんですが、私の本来の実力では入れないような優良企業だったし、すごく競争率も高かったので、『もうムリだぁ〜』と思ってたら『いや〜、キミ、すごくインパクトあったよ〜』と言われ、採用されました。マジか…、と思いました。現在勤務しているこの会社を舞台にしたのが『秘書室の十戒』なのですが、残念ながらイケメン専務は一人もいません。
――子供時代や学生時代、将来の夢はありましたか?
普通に保母さんとか小学校の先生になりたかったです。あと、語学に興味がありました。7ヶ国語ぐらい喋れるようになりたかったです。残念ながらまだ、英語と関西弁、そして山口弁のトライリンガルに留まっていますが。
――(待望の!)新作執筆の予定はありますか?
出来上がっているミステリーのプロットがあるので、そろそろ書き始めようかと思っているのですが、内容が重いので精神的に消耗するわりにウケないことは火を見るより明らかです。まー、マニアックな読者さまに喜んで頂けたら良いかな、と。
――ご自身の作品に登場するキャラについてのエピソードがあれば教えてください。
タイプの男性は『ラストウィッシュ』の『沢木様』です。キング・オブ・ドSキャラですが、ここまで信念を貫かれたら仕方ないかな、とドMの血が疼きます。沢木様のモデルになった方は実在する総会屋さんです。何かの特集でホントに逮捕されるシーンを見たんですが、スレンダーなボディも不敵な表情もマイタイプでした。

浅海ユウさんからのメッセージ

こんにちは。色々なことに手が回らなくて、全てが中途半端になっている浅海ユウです。
『デビルズナイト』書籍化にあたり、本来なら御礼メルマガをバンバン発行したり、皆様のノートに伺って御礼参り(←裏社会用語にあらず)をしなければならないところなのですが、なかなか出来てなくてスミマセン。

編集部ピックアップ作品

Devil's Night
こんなに美しく狡猾な悪魔に愛されてしまったら。貴女はどうしますか?
その事件が起きたのは、アメリカで犯罪が頻発するというハロウィン前夜―Devil's(デビルズ) Night(ナイト)だった…。幼い頃、廃墟で出会った謎の美少年と現在の誘拐事件との関係は…!?

代表作

  • ラストウィッシュ
    父親の再婚による寂しさから薬物に手を出し、錯乱して傷害事件を起こしてしまったナオ。 保護観察となった彼女の前に現れたのは決して関わってはいけない男、総会屋の沢木だった。沢木に本気で恋をしたナオは、沢木と指定暴力団稜仁会の争いに巻き込まれていく。底辺まで堕ちた少女の泥だらけの純情。
  • ゴシック★メタルラブ〜装飾系男子の事情〜
    ※野いちご掲載
    真面目少女、マシロは威圧的な男子が苦手だった。にも関わらず、高校で一番の『俺サマ』集団、メジャーデビュー直前のヴィジュアル系ロックバンド『メフィスト』のマネージャーに選ばれる。その理由はファンの女子に嫉妬されないぐらいイケてない地味子だから。しかし、ヴォーカルの琥珀に口説かれ…。
  • スレイヴ  〜隷属〜
    祖父から引き継いだ小さな運送会社を営んでいる加納友也は、ある日、異母兄である帝都グループの総帥、上条秋弘に呼び出され、一人の少女を預けられる。売り物の女だ、と秋弘から紹介された少女『紗希』は実は代議士の娘であり、秋弘の婚約者だった。彼女を預かった日から、友也の人生が狂い始める。
絶賛発売中
エクスタシー〜極上のオトコ〜

月刊注目作家とは?

Berry's Cafe編集部で毎月1名、今注目している作家さんを紹介するコーナーです。
執筆活動状況や得意ジャンル、おすすめの作品などを掲載しながら、ふだん、なかなか知ることの出来ない作家さんの魅力を、みなさんにお伝えしていきます♪

このコーナーに取り上げて欲しい作家さんや作家さんへの質問、ご意見ご感想はこちらまで!

バックナンバー