編集部オススメ小説 Berry's Cafe編集部が選んだオススメ作品をPickup!!

  • 恋愛
  • ファンタジー・SF・冒険
  • 実用・エッセイ
  • ミステリー・サスペンス
  • 青春・友情
  • ノンフィクション・実話
  • ホラー・オカルト
  • 歴史・時代
  • 絵本・童話
  • コメディ
  • 詩・短歌・俳句・川柳
  • その他
花嫁が消えたバージンロードで虚ろな顔したあなたに私はどう償えばいいのでしょう
『きみの愛なら疑わない』
秋葉なな/著
「僕を愛さない女に興味はないよ」
エレベーターの扉が閉まったら、そこは恋人との逢瀬の場
『扉が閉まったら』
三日月クロワッサン/著
「お疲れ様。これ下に行くけど、乗るか?」
OLの潤は行きつけのカフェの店員とひょんなことから仲良くなる。
『カフェのイケメン君が私のウソ彼です』
わたえ あめ/著
「最近、よく来てくれますよね。」
5年付き合った彼氏にフラれた夜、慰めてくれたのはお隣さんでした。
『気怠いお隣さんと恋始めます!』
睦月みやび/著
「我慢しないで泣けば。泣くことは悪いことじゃない。次に進むために、必要なことだから」
転生を繰り返す二人の切ない恋物語
『嘘の花言葉』
岸谷凪紗/著
「別れましょう、私たち」
この日は再び彼女が「独身キャリアウーマン」に復帰する日となった。
『オスの家政夫、拾いました。0. プロローグ』
キイロ結衣/著
「お前なんかこっちからゴメンだ!この家から出て行け、このクソ男!!」
愛されるとは、どういう事。
誰か教えて、誰も教えてくれない……
『出逢えた、大切な人』
タキモト玲奈/著
「早く、俺に気付け、俺を見ろ」
わたしの恋は、期限付きの恋。
カレの本命カノジョが戻るまで。
『優しいさよなら』
saddy/著
『帰国日が決まりました』
朝、目が覚めたら別の世界にいて
嫌いなあいつの婚約者になっていた。
『嫌いなあいつの婚約者!?』
佐倉苺/著
「桜さま、お目覚めですか?」
出会いはどこに転がってるか、、、なんて誰もが予測不能なこと
『Way to love』
水沢理緒/著
「何言ってるの?同意したでしょ。」
あなたを愛していた。だから日陰の恋でも我慢した。
『つらい恋なんか投げ捨ててやる!』
想夏/著
「ふたりでお花見するのは初めてだわ」
もう恋愛はしばらくいいかなと思っていた私だったが、突然モテ期がやって来て同じビルに勤める別の会社の二人のイケメンからアプローチされる。
『王子と社長と元彼に迫られています!』
希花 紀歩/著
───どうしよう、わけわかんな過ぎて泣きそ・・・。
口をあんぐり開け、目は大きく見開き、狼狽えている今の私はそれはそれは滑稽だろう。
『スマホとゲームが手離せなくて。』
水沢理緒/著
「まだ、分からないのかよ。
 鈍感過ぎて我慢の限界。」
仕事は完璧なのに、恋愛に関しては不器用。
そんな二人の真剣恋愛。
『溺愛男は恋愛初心女の恋を惑わせる』
時のうさぎ/著
「えっ、あー、あの時のお医者様ですね!」
これは夢?
それともーーー
『夢の続きは眼鏡を外してから。』
月乃ミラ/著
「俺、諦めませんよ。由香さんの事。」
総務部総務課には王子がいる。
表情に乏しい、冷たい印象の、私だけの王子様。
『申請王子様』
秋葉なな/著
「王子様になるのは、まだ僕には難しそうです」
所要期間 : 1年半
わたしがつくりあげた
たったひとりの 大好きだった男
『屑 作 成 レ シ ピ』
吉永 優/著
「―――もう、いらない」
四月、隣の部屋に引っ越してきたのは6個下の新人だった。
『隣の部屋の新人くん』
よだいりん/著
「じゃあ、ときどき遊びにおいでよ」