編集部オススメ小説 Berry's Cafe編集部が選んだオススメ作品をPickup!!

  • 恋愛
  • ファンタジー・SF・冒険
  • 実用・エッセイ
  • ミステリー・サスペンス
  • 青春・友情
  • ノンフィクション・実話
  • ホラー・オカルト
  • 歴史・時代
  • 絵本・童話
  • コメディ
  • 詩・短歌・俳句・川柳
  • その他
同じ世界に生まれていたら。
『『異世界で本命キャラと恋に落ちたい。』』
佐倉ユキト/著
「……ああ、忘れない。ずっと覚えている」
人には誰しも、忘れたい過去があるとは言うけれど。
『忘れたとは言わせない。〜エリートドクターと再会したら、溺愛が始まりました〜』
青花美来/著
「……今度こそ、逃がすつもりも離すつもりもねぇから」
ビジネスカップルだろうがお金さえあれば愛なんて要らない。
『冷徹な恋愛小説家はウブな新妻を溺愛する。』
早川ひなせ/著
「…キミは、誰かに恋した事、ないのか?」
熱っぽい目で見つめられて私は身動き一つとれない。
『極上の花嫁~石油王は揺るぎない愛を注ぐ~』
なぁな/著
「俺はお前といると妙な気持ちになる」
聞き間違ったかな。天使って何の話だ。
『お見合い相手が変態御曹司でした』
ゆきづき花/著
「……あなたは、私の腕の中に降ってきた天使だった……」
世の中には、信じられない出来事だってあると思うの──。
『キミの魔法にかけられた~隣のデスクの無愛想な後輩が急接近してきて!?~』
みかんの実/著
「先輩には、もっと、俺の事知って欲しいんですけど」
彼はこんな時まで怒らない。
それが私には辛い。
『気高き鷹は愛しい妻を【心身ともに】逃がさない。』
泉野あおい/著
「そう、それは悪かったな。だから『離婚届』なんて置いて出て行ったのか?」
彼の表情がゆがむのを見て、勝ったつもりになっていた。
『もういちど恋われたい』
奈古七映/著
「別れてもいいよ」
独身喪女の私に、突然お姉ちゃんが子供(2歳)を押し付けてきた
『訳あり冷徹社長はただの優男でした』
あさの紅茶/著
「何言ってるの?ふざけないでよ。」
でも……私たちの間に本当の愛はなかったのですか?
『愛妻指名〜結婚の条件は半年以内に懐妊することです〜』
櫻御ゆあ/著
「初めての男が俺だなんて、かわいそうに」
なんの確証もないまま、日々増加していくドロドロとした気持ちに反吐が出そうになる。
『【完結】旦那には好きな人がいるらしいので私は身を引いて離婚します。』
一条 棗/著
「浮気……なのかな」
私と彼が出会ったのは大学三年の八月。
夏真っ盛りのローマだった。
『契約結婚のススメ』
白亜凛/著
「お礼にジェラートでも、どうかな」
それは、運命的な出会いだった。
『名無しのヒーロー ~シングルマザーは先生に溺愛されました~』
海月三五/著
「危ない! 大丈夫ですか」
昼は鬼部長と恐れられる椎名部長
夜は激甘部長になることは柚だけの秘密…
『オフィスラブは突然に〜鬼部長は溺愛中〜』
せいとも/著
「お前、俺の役に立ちたいんだろ?」
勇気を出して告白した。
私たちは見つめ合った。けれど、それは一瞬だった。
『たとえ一緒になれなくても』
つづき綴/著
「なんかの冗談? 茉莉」
25歳でフリーターでも、
永遠にフリーターとは限りませんよ
『ヒーローが好きな私が好きになった人』
くっきぃ♪/著
「莉里さん、俺に守らせてくれますか?」
最悪なバレンタインデーが、優しいバレンタインデーに変わるとき……
『となりに座らないで!~優しいバレンタイン~』
完熟 マンゴ/著
「もらってやる」
今年の誕生日プレゼントは、素敵な男性でした。
『2月13日』
よこやま 暁巴/著
「大丈夫。すっごく甘くしてやるよ?」