月刊注目作家 2012年12月 日向野ジュン

月刊注目作家 今、注目の作家を毎月1名ご紹介★

2012年12月 日向野ジュンさん

注目理由

活動歴はあまり長くないにもかかわらず、あっというまにランクアップ、総合ランキング1位を獲得した日向野ジュンさん。作品を覗いてみると、適度な糖度とツボを押さえた大人ラブ加減が絶妙!さっそく素性が気になって(笑)、今回お話を伺いました♪

インタビュー

――ネットで小説を書き始めたきっかけは?
週に3〜4日は行く大型書店が近くにありまして。そこが昨年末頃、大規模な配置換えをしたんです。そしたら、入り口からすぐの分かりやすい場所にネット小説を書籍化した単行本や文庫本がズラッと並んでいて。そこで大人の女性のための恋愛小説なるものを見つけ何冊か購入。読み始めたら止まらなくなって、大ハマリ。さらに気に入った作家さまとツイッターで少し交流をさせてもらったら、小さなお子さん二人育てながら執筆してるとのこと。私も、上は小学5年生の双子と1歳の娘の、3児のママなんですが、ちょっと頑張って挑戦してみようかと……。高校生の頃は、演劇部に所属して演者として活動していましたが卒業後、仲の良かった先輩に頼まれて劇団の脚本や原作作りの手伝いを数年していました。それが思いのほか楽しく、いつか小説をかいてみたいなぁとは思っていたんです。当時の経験が、書き出すことの手助けをしてくれたと思います。かなり遅くなってしまったけれど……(汗)
――Berry's Cafeのことはご存知でしたか?
これまた大型書店絡みなんですが……。そこの宣伝ポップで“野いちご”と言う携帯小説サイトがあることを知り、家に帰って早速チェック。そうしたら姉妹サイトに“Berry's Cafe”を見つけたんです。サイトに行ってみると、大好きなピンクを基調にしたトップページが私の心をキュッと掴んでしまい……(大袈裟?)「ここで書くっ!!」と即決しちゃいました♪
――3児のママさんとのことですが、どのような執筆スタイルで活動していますか?
更新のペースはかなり遅いかと(汗)時々ママ友から「更新止まってるよ」と叱責されたりもして……。なので今は少なくても1週間に2000〜4000字、ページ数では6〜8ページ(私は1ページ700字を基本にしているので)はUP出来るよう心掛けています。1歳の娘と戯れているときは、全く執筆できません。なので書くのはもっぱら夜。家族全員が寝静まってから、お気に入りのリングノートに執筆。次の日の夕方頃サイトにUPすることが多いですね。 とにかく一人の時じゃないと、なかなかアイデアやスチュエーションが降りてこない。 これを言うとよく皆に「何でそこ?」と言われますが、私にとって“トイレ”が一番アイデアが降臨してくる場所。入った途端、頭の中にいろんなフレーズが溢れてきて嬉しいかぎりです。
――好きなジャンルや得意なジャンルは?
基本、恋愛小説しか書きません。と言うか、書けませんっ!!今回、多くの皆さんに読んで頂いた『美味しい時間』はオフィスラブですが、今連載中の『ハニー・トラップ〜甘い恋をもう一度〜』はお互い心に傷がある二人が理由は違えど“一生結婚できない”“一生結婚しない”と思っていたのに、男性は女性の笑顔に、女性は男性の言葉ひとつひとつに心が動かされ惹かれ合っていく……。そんな止まらない、止められない気持ちを、甘くトロけるように書いていきたいと思っています。人物像のタイプで言うと、男性は飴と鞭をうまく使いこなせる人、女性は甘えるだけでなく強さも持ち合わせた人が好き。そういうキャラクターを上手く使って、また皆さんの目にとまるような作品を、今後も書き綴っていきたいと思っています。
――オススメの小説や好きな作家さんはいらっしゃいますか?
子供の頃から本を読むことは好きでしたね。学生の頃は赤川次郎さんが好きで、多くの出版物の中でも『夫は泥棒、妻は刑事』シリーズが大好きっ♪我儘だけど愛情深い妻の期待に、ちゃんと応える夫がとっても素敵で心が温かくなる作品のひとつです。最近では、梨沙(RISA)さんの小説にハマりました。ご自身のHPで小説を公開しているのですが、『華鬼』や『恋するエクソシスト』は書籍化されていて、『華鬼』は乙女ゲーム(PSP)にもなり、私もプレイしましたっ!! 舞台や映画化もされてます。『恋するエクソシスト』はドラマCDになり、この二作品は私にとって、とても身近な作品となっています。
――ご自身の経験の中で小説執筆に影響していることはありますか?
そうですね……。いろいろありますが、やっぱり一番は私と主人がオフィスラブで結ばれたということでしょうか(照) 私の方が先に入社していて主人が後日面接に来たんですけど、第一印象は“怖っ”っだったのを今でも覚えています。身長は180センチ以上あるのに痩せていて髪はクルクルパーマ、まるで裏社会の人みたいで。その後、入社した彼と一緒に働いてみると、意外に温和で優しく楽しい人で、人は見かけではないんだなぁと(笑)でも恋心はまったく芽生えず、それどころか、私は彼の友達が好きになり付き合うことに。でもその友達、少々女性にダラシなくて……。その事を彼に相談しているうちに、彼の真剣さ誠実さに気持ちが揺らぐようになり……。彼も「◯◯をあいつに渡したくないっ」と。なんともドラマみたいな展開ですが、本当のことなんですっ!!今では普通のおじさんですが、誠実さや温和で優しいところは変わりません。主人との出会い、そして今でもラブラブなことが、今の執筆活動に大きく影響していることは間違いありませんっ!! ←キッパリ!!

日向野ジュンさんからのメッセージ

はじめまして。子育て真っ最中のママ、日向野ジュンです。執筆活動を初めて一年。何ともおこがましいですが、このような場所で紹介いただけることを大変嬉しく思います。このチャンスを生かせるように、これからもトロけるような甘さいっぱいの作品を頑張ってお届けしてまいりますので、読んで頂けると幸いです。

編集部ピックアップ作品

ハニー・トラップ 〜甘い恋をもう一度〜
現在連載中!傷を抱えた2人が、甘い恋に落ちていく…
過去の恋愛を汚点と感じ、お金しか信用しないOL梓と、彼女に出会うまでは「一生結婚しない」と思っていたバーのマスター遼。2人が交わした契約は、1ヶ月限定の恋人。単なるお遊びだった契約に仕掛けられていた罠とは…?

代表作

  • 美味しい時間
    恋愛経験ゼロ、料理さえしていれば幸せという百花が、ひょんなことから大嫌いな直属の上司、慶太郎のお弁当を作ることに。だんだん一緒にいる時間が多くなると、嫌いな上司も気になる存在になっていき……。こんな気持ち初めてっ!! 彼女が作る料理とともに、美味しい時間を召し上がれ。
  • ハレゾラ
    30過ぎて5年も付き合った彼に振られてしまった咲。もう一生仕事一筋で生きていくと決めたのに、突然現れた8歳も年下の男性に告白されてしまった。からかわれてるだけだと思っていたら、どうやら本気みたい……。30女と年下小悪魔くんの、とびっきり甘いラブストーリー。 番外編『最低で最高のクリスマス』も追加されています。
ホームページ
ブログ アメブロ 『ジュンジュンの甘〜い妄想♪』
ツイッター ジュン(jyunjyun26)

月刊注目作家とは?

Berry's Cafe編集部で毎月1名、今注目している作家さんを紹介するコーナーです。
執筆活動状況や得意ジャンル、おすすめの作品などを掲載しながら、ふだん、なかなか知ることの出来ない作家さんの魅力を、みなさんにお伝えしていきます♪

このコーナーに取り上げて欲しい作家さんや作家さんへの質問、ご意見ご感想はこちらまで!

バックナンバー