月刊注目作家 2013年3月 坂井志緒

月刊注目作家 今、注目の作家を毎月1名ご紹介★

2013年3月 坂井志緒さん

注目理由

つい気になってしまう個性的な作品タイトル、作品ごとにまるで違う世界観。何作チェックしても、その度に新しい刺激をくれる坂井志緒さんが、このたびついに書籍デビュー!
ということで、色々とぶっちゃけていただきました♪

インタビュー

――Berry's Cafe(野いちご)で小説を書き始めたきっかけは?
私が野いちごに登録したきっかけは、十和さんの「クリアネス」を読んだことでした。この方と同じフィールドで書きたいと思ったのです。野いちごの読者層は10代の方が多いようでしたから、どちらかといえば若い登場人物の物語を書くことが多かったのですが、Berry's Cafeがスタートしてからは、同年代の登場人物を書くことが多くなりました。
――作品から垣間見える多分野へのアンテナの高さ!ご自身のライフスタイルについて聞かせてください。
ライフスタイル、なんて言えるほどオシャレな生活はしていません(笑)。ただ、職業がちょっと特殊なので一般的な「20代の働く女性」とは違う生活をしている自覚はあります。わりと自由に暮らしていて、現在独身、彼氏あり、同棲中。なかなかプロポーズしてもらえないおかげで、独身の自由と人妻の安心感、両方の美味しいトコロだけを謳歌しています。交友関係で言えば、年齢幅は広いと思います。男女問わず、10歳に満たないお子様とも、60歳を過ぎた方ともお話する機会があります。 同年代の友人たちも様々な職業の方達がいるので、会う度に勉強になります。
――小説を書くとき、読者層を意識してストーリーを進めていきますか?
基本的に「書きたいものを書く」主義なので、ストーリー展開において読者層はあまり意識しません。でも学園ラブとオフィスラブで書き分けていることは、結構たくさんありますよ。特に意識しているのは、時間の感覚と金銭感覚の違いでしょうか。学生にとっての1年と社会人にとっての1年は、長さが違います。また、学生にとっての100円と社会人にとっての100円は、価値が違います。この二つの感覚にリアリティを持たせることが私のこだわりなのかもしれません。
――ネット小説を書いていてよかったと思うこと、また悩んだことや、興味深かった思い出などがあればおしえてください。
読者さんから「おもしろかった」と言ってもらえた時は、やはり書いていてよかったと思います。もちろん「密空間」を「密フェチ」の書籍に掲載してもらえるお話、そして今回の「無口な彼が残業する理由」書籍化のお話を頂いた時にも、書いていてよかったと思いました。悩んだことはほとんどなく、楽しいばっかりです。思い出と言えば、2011年の9月、座談会に参加させていただいたことですね。本当に楽しかったです。小説を書いていることは秘密にしているので、声に出して堂々と語れるのは快感でした。 その時に出会った作家さんたちとは、今でもたまに集まっています。みなさん、次はいつにしましょうか?
――ご自身が興味のある読み物や趣味などについて聞かせてください。
ファッション雑誌と実用書が好きです。小説は、最近あんまり読んでないですね……。映画やテレビは、気になったものを浅く広く見る程度です。ちなみに一番好きな映画は「天使にラブソングを」です。趣味はやはり、こっそり小説を書くこと、でしょうか。こっそり、というところがポイントです。 小説を書くなら、周りには秘密にしている方が楽しいですよ、きっと。
――作家として、読者として、ユーザとして、思うことやこれからの活動について聞かせてください。
作家としては、これからも変わらず書きたくなったものを書いていくつもりです。読者としても同じスタンスで、読みたくなったものを読んでいきます。 Berry's Cafeスタート時からのユーザーとして、もっとサイトが盛り上がってくれたら嬉しいです。本音を言うと、私と同じような未婚アラサーのユーザーさんに増えてほしいです。そして是非、「お局様に嫌われずにオシャレを楽しむ方法」とか、笑いとリアリティに富んだエッセイを書いてもらいたいです。

坂井志緒さんからのメッセージ

初めまして、坂井志緒と申します。
できるだけたくさんの方に覚えていただけるよう、自分の名前で「あいうえお作文」を作ってみました。
この機会に名前を覚えていただけたら光栄です。

さ・作品を
か・書いていたいな
い・いつまでも
し・しがない文に
お・思いを込めて

編集部ピックアップ作品

志緒少々
作家を知れば、作品がもっと楽しくなる☆
少々スパイシー?な日々を画像やイラストとともに、独特の感性で綴っていくエッセイ。周りに作家活動をナイショにしているからこそ起こるおもしろネタにも注目です…

代表作

  • ライアーライフスタイル
    嘘つきで整形美人の真咲。男を手玉に取り、優越感に浸ることを生き甲斐としていたが、15年前に「ブス」呼ばわりされた男と再会して――?
  • 学び人夏週間
    大学の教育学部で教師を目指している彩子は、彼氏の俊輔の頼みで塾の合宿に講師として参加することに。ところが担当した二人の生徒が全然可愛くない!そんな彼らとの、一生の思い出に残る一週間。
ホームページ
Twitter @shiobooks

月刊注目作家とは?

Berry's Cafe編集部で毎月1名、今注目している作家さんを紹介するコーナーです。
執筆活動状況や得意ジャンル、おすすめの作品などを掲載しながら、ふだん、なかなか知ることの出来ない作家さんの魅力を、みなさんにお伝えしていきます♪

このコーナーに取り上げて欲しい作家さんや作家さんへの質問、ご意見ご感想はこちらまで!

バックナンバー