月刊注目作家 2013年7月 pinori

月刊注目作家 今、注目の作家を毎月1名ご紹介★

2013年7月 pinoriさん

注目理由

書籍デビューは2009年の『イジワルな恋人』。学園モノから始まり、現在は大人のビタースイートな恋まで幅広く書かれるpinoriさん。ドキドキだけじゃないリアリティがあって、恋に悩める女子のバイブルになりそうな作品ばかり。そんな物語を生み出すpinoriさんってどんな人なんでしょう…?

インタビュー

――小説の執筆をはじめたのはいつ頃ですか?またそのきっかけは?
2006年の冬頃だと思います。その年の夏に子どもが生まれたのですが、極度の抱っこ大好きっ子で、抱っこじゃないと昼も夜も寝ていられない子だったので常に抱っこ状態でした。座ったままの抱っこで大丈夫になった頃、片手が空くし何かする事ないかなと携帯を開いたのがきっかけです。ほぼ無趣味だった私に小説を書くという趣味ができたので子どもに感謝です。左手抱っこで右手携帯で両手腱鞘炎になってしばらく悶えましたけど、それももう忘れました。
――10代の恋愛と大人の恋愛、書き分けのコツやこだわりはありますか?
誰かを想う気持ち自体は、10代だろうと大人だろうとそう大きく変わらないと思うのであまり考えていません。ただ、10代の子を書く時は思いきり好きだー!って叫ぶような逞しい子を主人公にする事が多くなってきました。大人になるとなかなか叫べなくなるから、今のうちに大声で好きなだけ言っとけって思うあまり、私の書く10代主人公は暴走気味に一途な子が多いです。私自身も好きになったら隠せず好き好きって言っちゃうタイプだったので、その影響かもしれません。
――恋愛小説を書かれる上で共通のテーマはありますか?
相手を想う事に一生懸命。どんな形であれ、それは外せないかなぁと思います。むしろそういう子しか書けなくて情けないんですが(涙)でも天真爛漫な自由な子書きたい!とは思うので、主人公の友達は、私の強い願望の表れとして、本来主人公として書きたいけどどうしても書けないタイプが多いです。あと、ハッピーエンドもかかせません。物語の中でくらい、どんなに都合よく思われても好きな人と幸せにしたいです。
――趣味やプライベートについて聞かせてください
はまっているものは、小学校の頃からずっと漫画です。数十種類の漫画の中でウロウロしてハマり直してる感じですが、今はらんま1/2の3度目か4度目の波にずぶずぶのみ込まれてる途中です。乱馬の残念なところが好きですねー。ピンチの時には絶対駆けつけて助けてくれるカッコよさを持つのに結局ヘタレで素直になれないどころか照れ隠しゆえの暴言の連発で。そのじれったさにキュンキュンします。多分、若干残念なヒーローが好きなんです。ハウルの動く城のハウルとか、妖狐×僕SSの御狐神とか。絶対的にカッコいいのになんで……!って部分が可愛いです。……はまっているものや旦那様とのエピソードをって聞かれた質問に漫画一色で答えてすみません。旦那様大好きっ!!
――サイトで作品を書くことについての思いや、気づいたことなどがあれば聞かせてください。
ただの趣味だとしても、色々な人が見られる場所に公開している時点で多少の責任が出てくるって知りました。私の書いた作品を読んで誰かが傷ついたりして欲しくないと思うし、私の書いたコメントで作家さんを不快にさせるような事がないようにと思います。最近、辻褄が少しおかしいと指摘コメントを頂いたんですが、とても私に気を使った書き方をして下さっていて、その気遣いがとても嬉しかったんです。書く側に立った時も読む側に立った時も、少しの気遣いを忘れずに、気持ちよくサイトを使いたいです。
――ご自身の経験を作品に落とし込むことがありますか?
まだベリーズカフェができる前に書いた作品には、たまに自分の経験ネタをいじって使ったりしてました。でも、私自身が18歳の頃からずっと今の人とで関係自体も激しい波もなく落ち着いていたので、経験自体は少なく起承転結の起の部分に使えるようなインパクトのあるものはなくて。なので使っても小ネタとしてですね……(涙)
――これからどんな風に活動をしていきたいと思いますか?
今まで通り活動していくのが理想です。目標ってわけでもないですが、かんたん感想の色合いが違う作品が書いていきたいなぁと思います。泣ける、切ないなどの青系が集まる作品や、胸キュンやドキドキなどの赤系の集まる作品。いつも同じ色合いではなく、色んな色合いの作品が書けたらなぁと思っています。

pinoriさんからのメッセージ

初めまして。pinoriです。もともと二次元世界が大好きですが、最近は特に好きな小説を見つけてその作品ばかり繰り返し読み続けているので、ついにはその小説の夢ばかり見るようになり、さすがに……と自分でも若干ひき気味です。今後も、更新が長期間止まらないように頑張りつつ、読む方も全力で楽しんでいきたいです。

編集部ピックアップ作品

  • 誘惑スキャンダル―秘蜜の恋人―
    不感症女子を癒すイケメンな隣人の甘い手ほどき
    自分のコトを不感症と決め付けるデリカシーゼロの元カレと最悪な再会を果たしてしまったOL・雨宮 葉月。そんな場面に「雨宮さんの不感症疑惑、俺が検証して払拭するから」と優しく迫る隣人が現れて…!?

代表作

  • シュガーウルフ
    外見は極上、中身は最低。主人公の高橋碧衣が弱味を握られた相手は、社内でそう噂される結城大智だった。二股かけられたと分かっていてもまだ課長が好きな碧衣と、そんな碧衣を興味本位で追い回す結城。裏切り、優しさ、涙。色んな思いを抱えながら走る碧衣が最後に出した答えは……。恋愛鬼ごっこ。
  • ...Melting Love...―愛檻―
    亜姫に告白してきたのは、大学内でも人気の高い二楷堂聖。誰とも関わりたくない亜姫は迷惑だと断るが、二楷堂を完全に拒絶できない自分に気づく。「この口で……亜姫の声で、好きだって言わせてみせる」二楷堂の妖美な雰囲気と絶対的な存在感に魅惑されながらも、好きだと口にできない理由が亜姫にはあって……。ヴァンパイアラブストーリー。
ホームページ
ツイッター @pinoris

月刊注目作家とは?

Berry's Cafe編集部で毎月1名、今注目している作家さんを紹介するコーナーです。
執筆活動状況や得意ジャンル、おすすめの作品などを掲載しながら、ふだん、なかなか知ることの出来ない作家さんの魅力を、みなさんにお伝えしていきます♪

このコーナーに取り上げて欲しい作家さんや作家さんへの質問、ご意見ご感想はこちらまで!

バックナンバー