月刊注目作家 2014年6月 はづきこおり

月刊注目作家 今、注目の作家を毎月1名ご紹介★

2014年6月 はづきこおりさん

注目理由

第1回ベリーズ文庫大賞受賞作『婚カチュ。』が好評発売中のはづきこおりさんをご紹介♪
『婚カチュ。』ができるまでのウラ話や、魅力的なヒーローの書き方のヒミツなど、作品のことからプライベートなことまで聞いてみました!

インタビュー

――今月、第1回ベリーズ文庫大賞で大賞を受賞した『婚カチュ。』が発売されましたが、ぜひお気持ちを聞かせてください。
ひとつの覚悟を決めて書いた作品が形となり、とても嬉しいです。実際に書店に並んでいるところをまだ見ていないせいか、いまだに実感がわいてきませんが、買ってくださったという報告や感想をいただいて『あぁ、本当に売っているんだなぁ』と喜びを噛みしめています。
――Web上に小説を投稿しようと思ったキッカケと、Berry's Cafeに投稿しようと思った理由を教えてください。
はじめて作品をWeb上に投稿したのは2007年8月、他のケータイ小説サイトでした。いろいろと思い悩んでいた時期に、なぜか小説を書こうと思い至ったんです。小さい頃から絵を描いたり、お話をつくることが好きだったので現実逃避をしたかったのかもしれない(笑)。ケータイ小説という存在を教えてくれたのは実は旦那さんです。雑誌に取り上げられていて「こんなのがあるよ」とそのケータイ小説サイトのURLを教えてくれました。しばらくそちらで活動を続けていましたが別のステージに進みたいと思い、いったん区切りをつけたのが2012年の11月。しばらく書くことから離れようと思ったんですが、結局書きたい欲求に勝てず、ちょうど開催されていた「タブー〜秘密の恋〜」のコンテストにこっそり短編を応募したことがBerry’s Cafeに投稿するきっかけになりました。1000文字短編という構成が私のやる気に火をつけたのと、それまで書いていたケータイ小説よりも少し大人向けの作品を書きたいという気持ちがBerry’s Cafeのカラーに合ったのかな、と思います。
――ズバリ!作品を書くときは、プロットをたててから書きますか?それとも書きながらの流れですか?小説が完成するまでのプロセスを教えてください!
短編も長編もプロットはたてるタイプです。私の場合、最後を決めておかないと話がまとまらなくなってしまうので。書く内容によっていろんなパターンがありますが、たとえば『婚カチュ。』の場合はまず結婚相談所の話が書きたい、というところから始まりました。そこから『読者をいい意味で裏切るためにはどうすべきか』と話の根幹となる構成を考えて、登場人物が具体的に決まっていったのはその後です。話の流れに合わせる形でそれぞれ役割を持つキャラが生まれていきました。プロットには全体の流れとキャラ設定とエピソードをおおまかに書くだけで、あとは書き出してから固めていく感じです。でも登場人物が思った以上に動き回ると、プロット通りにはいかず結局軌道修正するはめになることも。
――はづきこおりさんの作品の男性は、キャラ立ちしていてセリフが魅力的!小説を書くときに得意とする男性のタイプは?
本当ですか?嬉しい…!でも得意とするタイプはいないんです。というか男性キャラには毎回悩まされて、いつもひーひー言いながら書いています。ヒーローがかっこいいのかどうか自信がないので、公開するときは皆様の反応にドキドキです。そしてかっこいいという感想をいただくと心底ほっとします。この男は魅力的なのか?と常に不安に思いながら書き続けているので、読んでくださった方には男性キャラのどの部分がかっこよかったのかというアンケートを取りたいくらいです(笑)。でも男女問わず平坦なキャラになりそうな場合は、すこし変わった癖や嗜好を持たせたりすることはあります。味わいが出るような気がして。かっこよさから言うとマイナスポイントになることもあるんですけどね。
――二匹の愛猫に夢中という噂を聞きました。ここでぜひ愛猫自慢をお願いします!(笑)
キジトラとチャトラがいます。正反対の性格で見ていて面白いです。冬はよく毛並みに顔を埋めてもふもふしてたんですが、最近暑くなってきたので顔に毛が大量に張り付くのが悩みの種です……この情報、いりますかね?(笑)
――今後の活動について目標や予定などお聞かせください!
お話をつくること自体が楽しいので、いろんなジャンルの作品を書いてみたいです。恋愛ジャンルに関して言えば、いまは少し変わった職場の話を更新しているので、その次は王道なオフィスラブにチャレンジしたいと思っています。

はづきこおりさんからのメッセージ

はじめまして、はづきこおりです。ペンネームの由来は最初に活動を始めた月が8月だったこと、そのときたまらない暑さに『氷が食べたい』と心底思っていたことからきています。不器用な性格ですが書くことだけはやめられません。目標はいろんな意味で面白い作品をつくることです。今後ともお付き合いいただけましたら嬉しいです。

編集部ピックアップ作品

  • 婚カチュ。
    第1回ベリーズ文庫大賞大賞受賞作品
    29歳の紫衣は本気で婚活中。入会した結婚相談所で“高身長で高収入、さらに好きになれそうな人”と結婚したいと主張すると、アドバイザーの広瀬にため息をつかれた。しかも恋愛体質でないことを見抜かれ、なぜか彼とデートをすることに!いつもはスパルタで口が悪い広瀬の素の笑顔に、紫衣は不覚にもときめいてしまう。でも会員である紫衣のために、彼は次々と男性を紹介してきて…。

    >>特設ページはコチラ

代表作

  • 危険な!?同居セイカツ!
    エリカがウェブデザイナーとして働くのは出会い系サイトを運営する少し怪しげなウェブ関連会社。そこでトラブルに巻き込まれたところをSEの堀田に助けられ、一気に恋に落ちてしまう。でもエリカは高校からの親友、奏多とワケありの同居をしていて…。危険!な仕事と危険?な同居人に翻弄される、悩める25歳のラブコメディ。
ホームページ
こおりずむ

月刊注目作家とは?

Berry's Cafe編集部で毎月1名、今注目している作家さんを紹介するコーナーです。
執筆活動状況や得意ジャンル、おすすめの作品などを掲載しながら、ふだん、なかなか知ることの出来ない作家さんの魅力を、みなさんにお伝えしていきます♪

このコーナーに取り上げて欲しい作家さんや作家さんへの質問、ご意見ご感想はこちらまで!

バックナンバー