月刊注目作家 2014年10月 真彩-mahya-

月刊注目作家 今、注目の作家を毎月1名ご紹介★

2014年10月 真彩-mahya-さん

注目理由

11月に発売決定!ベリーズ文庫では異色作品!?
『イケメンSPに守られることになったんですが。』の著者・真彩-mahya-さんにインタビュー♪野いちごでも書籍化されている真彩-mahya-さん。中高生向けと大人向け作品を書き分ける秘訣を聞いてみました!

インタビュー

――『イケメンSPに守られることになったんですが。』(以下、イケメンSPと表記)の書籍化が決まりましたが、今のお気持ちをお聞かせください!
姉妹サイト野いちごでファンタジー作品を書籍化していただきましたが、まさかベリーズ文庫でも書籍化していただけるとは思っていなかったので、すごく驚きました!ありえない設定、大雑把な描写…いったいどこから直せばオトナ女子向けの文庫にできるのか。頭を抱えること数か月、たくさんの方々のおかげでやっと形にすることができ、今はただホッとしています。 ベリーズ文庫としてはだいぶ異色の作品ですが、皆様に楽しんでいただければ幸いです。
――『イケメンSP』を書こうと思ったキッカケを教えてください。
我が家には双子の幼児がおり、当時はちょうど魔の2歳児。もちろん24時間365日、一緒。主人も一緒に子育てに追われ、休日も子供たちが寝るまで、ホッとできる瞬間が全くありませんでした。当然、癒しもなければ刺激もときめきもない。溜まっていくのは疲労だけ。「こんな生活もう嫌!私だって誰かに守られたい!優しい言葉に癒されたい!強引に迫られてドキドキしたいんだー!! (笑)」という、完全な個人的欲求が、SPを書くきっかけとなりました。
――『イケメンSP』にはキャラ立ちした多くの登場人物がいますが、キャラづくりはどのようにされていますか?
身近にいる人の話し方や性格を参考にすることが多いです。キャラが多い場合は、ツッコミ役、癒し系など、全体のバランスを見て同じような人がいないように気をつけています。各キャラの特殊能力は、話の流れを考えるうちにどんな能力が役に立つか考えて設定します。私は最初に話の全体を細かく決めてしまうので、その過程で必要な性格や能力が自然に決まっていきます。
――野いちごでは『六花の翼』『幕末オオカミ』が書籍化されていますが、中高生向けの作品と大人向け作品を書くときに注意している点やポイントなど教えてください。
中高生向け作品でも、あえて簡単な言葉を使ったり、表現を変えたりすることはありません。難しい漢字は平仮名にしますけど。こちらは『とにかく楽しんでもらおう!』ということで、ファンタジーでは当たり前なのですが、現実では絶対に成立しない設定を大胆にやっちゃいます。『地図に載っていない地域があって、そこに戸籍を持たない忍者一族が住んでいる(現代が舞台なのに)』とか、『沖田総司は実は狼男だった』とか。「こうだったら面白いよね」と、その世界を身近に感じてもらい、色々と想像を巡らせてほしいので、夢のない主婦の疲れや生活感は極力出さないように気をつけています(笑) 。一方大人向け作品は、SPのように、「ありえないんだけど、たまにリアル」を目指して書いています。設定はファンタジー作品並に現実にはありえないんですけど、たまにリアルな生活感や、誰でも感じたことのある孤独など作品を通して感じてもらいたいです。なので、その他のシーンも、あまり嘘くさくならないように気をつけています。SPの持つ銃の種類や射程距離など、直接文字で書かない設定も細かく作るようにしています。
――お好きなジャンルの小説やマンガ、アニメやゲームなどはありますか?
サイトで読むのはオフィスラブが多いです。昔から好きなのは、『指輪物語』や『ハリー・ポッター』など、ファンタジーな児童文学。あとは司馬遼太郎氏の幕末関連はほとんど読みました。それと東野圭吾さんの『ガリレオ』シリーズや、『加賀恭一郎』シリーズも大好き。ゲームは乙女ゲームを少しやる程度で、アニメや漫画は、最近のモノはほとんど知りません。新選組が好きなので幕末が舞台のものはなんでも手を出しますが、けっこう受け付けられないものもあり…ストライクゾーンはけっこう狭い方だと思います。
――プライベートについて、どのような毎日を送っていらっしゃるのでしょうか?
仕事以外では、子供と過ごしていることがほとんどです。一緒にディズニーのアニメを見たり、アクアビーズで小物を作ったり、公園に行ったり、料理をしたり。それもすべて良い刺激になっていると…思いたいです(笑)。一人でのんびり過ごせる時間は夜のほんの少しだけ。ほとんどが読書かDVD鑑賞か、執筆にあててしまいます。そんな生活の繰り返しなので、たまに独身時代からの友達と会えるときは、ずっとしゃべりっぱなし。彼女たちの恋愛や家庭の話から、胸キュンエピソードをいただくことも。ちゃんと許可はとりますけどね!たまにそういった良い刺激を受けると、無性に書きたくなります。
――これからの活動についてお聞かせください。
まず、毎日小学生新聞の『15歳のニュース』と野いちごのコラボ企画で短編を連載させていただくことになっています。掲載時期は未定ですが、バトルあり胸キュンありの作品になるはず。サイトではしばらくは、野いちごで書籍化していただいた『幕末オオカミ』の続編を…。新撰組の話なのですが池田屋事変で終っていたので、その続きを、彼らの最後の舞台である五稜郭の戦いまで書くつもりです。でももうファンタジーばかりで私もお腹いっぱいなので(笑)、ゆっくりですがSPシリーズやオフィスラブ(ぜひ挑戦したい!)を並行していけたらなあと思うのですが…予定は未定ですね。ああ、時間と体力がほしい。

真彩-mahya-さんからのメッセージ

こんにちは、真彩と申します。現在は仕事・子育て等に追われて執筆時間は限りなく少なくなってしまっていますが、書きたいものを書けるだけ、細く長く続けていけたらなあと思っています。読んでくださった読者の皆様に、少しでも幸せな気分になっていただけたら嬉しいです。

編集部ピックアップ作品

代表作

  • 彼にはヒミツが多すぎる。【SPシリーズ篠田編】
    SPの脇役・篠田編。29歳の添乗員・唯は恋人の宗一郎の名前しか教えてもらえない。結婚を考えてもおかしくない歳なのに、住所も職業もすべてがヒミツ。不安に思う日々の中、突然ストーカーにつけられるようになってしまった。 唯の運命と恋の行方は…?
  • 幕末オオカミ 第二部 京都血風編
    夜な夜な妖怪が暴れまわる、幕末の世…ワケあって大奥から脱走した17歳のくノ一・楓は、新撰組の美剣士・沖田総司と斉藤一に捕まってしまう。事情を話したところ、局長の近藤勇に気に入られ、楓は新撰組に入隊することになるが…ある夜、月を見ながら狼に変身する沖田の姿を目撃して!?
    池田屋事変以降、禁門の変から新派加入と慌ただしい新撰組に、新たな敵が迫る……。『幕末オオカミ』続編。
  • 幕末オオカミ
    野いちご発の歴史ファンタジー☆
    新撰組に女1人は、キケンだらけ!しかも美剣士・沖田総司は、まさかの人狼で…!?
    野いちごパープルレーベルから好評発売中!

  • 六花の翼〜目覚めた姫と遺された予言〜
    六花の翼 〜夢見る姫と運命の恋〜
    超イケメンな忍と命がけの恋!
    普通の女子高生が不思議な力に目覚めちゃって…!?
    野いちごパープルレーベルから好評発売中!
ホームページ
真彩のブログ

月刊注目作家とは?

Berry's Cafe編集部で毎月1名、今注目している作家さんを紹介するコーナーです。
執筆活動状況や得意ジャンル、おすすめの作品などを掲載しながら、ふだん、なかなか知ることの出来ない作家さんの魅力を、みなさんにお伝えしていきます♪

このコーナーに取り上げて欲しい作家さんや作家さんへの質問、ご意見ご感想はこちらまで!

バックナンバー