月刊注目作家 2015年2月 橘 柚葉

月刊注目作家 今、注目の作家を毎月1名ご紹介★

2015年2月 橘 柚葉さん

注目理由

2015年最初の特集『注目の恋愛キーワード2015』に、ヒロインのキャラクター“地味子”の設定で『ルージュはキスのあとで』がピックアップされた橘 柚葉さん。これからの活動に注目してお話を聞かせていただきました♪

インタビュー

――橘さんがWEB小説を書き始めたきっかけを教えてください。
学生時代からずっと小説らしきものは書いておりましたが、ノートに手書きというアナログな方法でした。この黒歴史ノートは今も手元に残っています…(笑)。完成させることだけで満足していたのですが、WEB小説の存在を知り、誰かに読んでもらいたいという欲求が生まれてきました。そこで自サイト「みかん♪ヨーグルト」を立ち上げ、作品をアップし始めました。ちょうどその頃、私を取り巻く環境がガラリと変わり、なかなか外に出ることができなくなってしまったのもきっかけのひとつです。「WEB上で誰かに読んでもらえ、反応がある」「小説を介して誰かと繋がっている」「それをダイレクトに感じることができる」そんな感覚を味わえるのがWEB小説の良いところですよね。
――どんなときに「こんな設定で書こう!」「このテーマでいこう!」と思うことが多いですか?
その時々で色々ですが…旅行に出かけたり、外出したときにネタが降臨することがよくあります。ですので、外出時は常にアンテナを張り巡らせ、キョロキョロしているので怪しい人になっているかもしれません(笑)。気になった出来事や、おいしかった料理、景色、お土産物…すべてが私の創作のネタに繋がっていくので、外出時の気合いの入れ方は半端ないです。だから何かインパクトのある出来事が起きると、そこから次々にアイデアが頭の中に浮かんで来て「このテーマでいこう!」と思います。あとは、読者さまからの反応や感想も重要視します。自分が楽しんで書くというのは大前提ではありますが、読んでくださる読者さまあってのWEB小説ですので、リサーチは欠かせません。
――プロットを作って作品を書くタイプですか?それともプロットなしで書くタイプですか?
基本、しっかりとしたプロットは作りません。最初に考えておくのは、ヒーローとヒロインの性格や人物像。あとは、そのお話に盛り込みたい大きな話題をいくつか。大まかな流れを作り、すぐに書き始めてしまいます。本当はしっかりと組み立て、念入りにプロットを作り上げた方が良いのかもしれません。でも最後まで決めてしまうとプロットだけで満足してしまい書けなくなってしまうので、主人公たちには自由に動いてもらうスタイルでいつも書いています。ラストも初めからは決めません。もちろんハッピーエンドにするのが大前提ですので、それだけは決定していますが「ラストはキャラたちに決めてもらう!」そんな書き方をしています。書き方としては、勢いが大事だと思っているので、誤字や言葉の選び方などは考えず、ひたすら書いていきます。そして、ある程度書き終えたら校正をしつつ、話の流れを整えていきます。このとき、すぐにサイトにアップして読者さまに読んでもらいたくなりますがグッと我慢。少し熟成したほうが冷静な目で読むことができるので、あえて時間をおいてから校正をします。執筆するときには曲を流しながら書いています。ヒロインが傷つくシーンには、しっとりと大人な雰囲気の曲調のものを。恋人同士の甘いシーンには、シュガーボイスの曲をと使い分けて聞き、気分を盛り上げ、自分を陶酔させて書いていきます。
――今回、『ルージュはキスのあとで』はヒロインのキャラクターが“地味子”ということで特集にピックアップさせていただきましたが、これから“地味子”という設定で書くとしたらどんな内容にしますか?
そうですね…。今度は“地味子”ではなく“地味男”で書くのも面白いかなぁと思いました。煌びやかでカッコいいヒーローのほうが需要はあるとは思いますが、そこはあえて地味な男を書くというのもいいかもしれません。地味な男だけど、心意気は男の中の男っていうのも、女子が胸キュンしちゃうかもしれないですよね!
――これから書いてみたいテーマや設定はありますか?また、それらはどんな内容にしたいですか?
王子様やお姫様がでてくるヒストリカルやファンタジーのお話を書いてみたいと思っています。それも執拗なほどの束縛愛とか…。 “甘酸っぱい恋愛”からかけ離れているかもしれませんが、挑戦という意味で書いてみたいです。ただ、私が書くとほのぼのとした雰囲気になってしまうと思うので、ハードルが高すぎて手が出せずにいます。
――今後の活動について教えてください。
今月、『恋活!』というお話が刊行されます。本屋さんで見かけた際には、手に取って見ていただけると嬉しいです。WEBでの活動ですが、春には新連載を開始できたらいいなぁという願望はもっています。Berry's Cafeでの活動が去年はあまりできなかったので、今年こそは何か掲載できるようにしたいです。いつもどおり、ボチボチマイペースでの活動となりますが、お付き合いください。よろしくお願いいたします。

橘 柚葉さんからのメッセージ

初めまして。橘 柚葉と申します。“甘酸っぱい恋愛&ハッピーエンド”をキーワードに恋愛小説をまったりと書いている者です。今回のインタビューでは胃が痛くなるほど緊張しましたが、これを機に『橘 柚葉』を知っていただけたら嬉しいです。今後もまったりマイペースに活動していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

編集部ピックアップ作品

  • ルージュはキスのあとで
    恋という魔法で大変身っ!?
    23歳女子力不足なOLの真美は、地味でおしゃれにも興味がなく、彼氏もなし。そんな地味子の真美が、雑誌の企画で美女に変身することに?しかもメイクの担当は業界きってのイケメンメイクアップアーティスト、通称"京さま"と呼ばれるクール王子だった!強引で冷たい彼にだんだん惹かれていく真美。ふたりの恋はどうなる?

    >>特集ページはコチラ

代表作

  • 甘く危険な交換条件
    ※外部サイトへリンクします。
    憧れの専務・竜生に弱みを握られてしまったメイ。バラされたくなければ毎日キスをさせろという交換条件を突きつけられた!甘く危険なオフィスラブが始まる!?―――初書籍化作品
  • 恋活!
    ※外部サイトへリンクします。
    「男を作らねば、今年いっぱい災難が続くだろう」占い師にそう予言されてしまった茜。仲良しの同期に偽りの恋人をお願いしたのだけど―――書籍化作品
  • 彼女が眼鏡をかける理由
    ※外部サイトへリンクします。
    神崎ふみ、三十歳。腰掛けOLのつもりで入社したのに、気がつけば課の中でも年長者になっていた。それなりに恋愛をしてきても、心の奥にあるのは初恋のあの人の影…。彼女が眼鏡をかけ続ける理由もそこにあった…!?
ホームページ
みかん♪ヨーグルト
ツイッター @mikanyuzuha

月刊注目作家とは?

Berry's Cafe編集部で毎月1名、今注目している作家さんを紹介するコーナーです。
執筆活動状況や得意ジャンル、おすすめの作品などを掲載しながら、ふだん、なかなか知ることの出来ない作家さんの魅力を、みなさんにお伝えしていきます♪

このコーナーに取り上げて欲しい作家さんや作家さんへの質問、ご意見ご感想はこちらまで!

バックナンバー