月刊注目作家 2015年4月 銀月 桜

月刊注目作家 今、注目の作家を毎月1名ご紹介★

2015年4月 銀月 桜さん

注目理由

Berry's Cafeオープン当初からランキング常連の銀月 桜さん。『刺激的!?アブナイ恋』特集では、『鋭く甘い視線の先の獲物』がピックアップされ、その特殊な設定とタイトルが印象的で注目を集めました!この銀月 桜さん独特の設定やタイトルは、一体どのようにして考えているのでしょうか?詳しく教えていただきました!

インタビュー

――小説を書きはじめたきっかけやBerry's Cafeで活動をはじめたきっかけを教えてください。
昔から小説を書くことが好きで、ノートに執筆していました。ある日、友人から小説を書ける携帯サイトがあることを教えてもらい、野いちごと出会いました。いくつかサイトがある中でも見やすく執筆しやすい上、どれだけ読まれているのかリアルタイムでわかるので、野いちごでは続けていくことが出来ました。そして、主に社会人ラブをメインとして書いていた私は、Berry's Cafeがオープンしたタイミングで、こちらを中心に活動をはじめ、今に至ります。Berry's Cafeは大人系ラブな作品が多いので、とても魅力的に感じています!これからも活動していきたい、そんなサイトです。
――特殊な設定が多いのには理由があるのでしょうか?
アクション映画が好きで、特殊部隊などの正義感が強い男性が好きなので、その理想が小説になっています。書くのに行き詰まったときには特殊部隊の洋画を見て、もしこの洋画を恋愛にするならと、妄想を広げてモチベーションを上げながら執筆しています。
――目を引く作品タイトルが多くありますが、どのように考えているのですか?
私は大体のストーリーを先に考えてからタイトルを考えます。ストーリーがストーリーだけに、タイトルには「見た目も響きも格好いい感じが似合うかな?」と思ってつけています。例えば、『鋭く甘い視線の先の獲物』だと“鋭く”や“獲物”などを入れて主人公の肉食さもアピールしつつ、ストーリーにハードさがあることをタイトルで演出しています。
――銀月 桜さんの作品にはクールな男性が多く登場しますが、理想の男性なのでしょうか?それとも、リアルで理想とする男性はちがいますか?
小説に登場する男性はズバリ、理想の男性です。もし私が小説の中のヒロインだったら、「肉食だけどガツガツしないクールで落ち着きのある男性に奪われたい!こんな男性がいい!!」という願いが入っています(笑)。特に、『嘘偽りの愛しい体温』に出て来る蓮也は私のタイプです。強くて逞しくてモテモテで、口より行動派なところが大好きですね。しかし、リアルでの理想は違います。モテモテな人は嫌です。浮気されそうなので…(笑)。
――今、ハマっているものはありますか?
なかなか出来ていないのですが、ゲームのレベル上げにハマっています。ホラーゲームが好きで、武器を最大まで強くしたり、隠した武器をとったりと、頑張っています。他には、小説の執筆に躓いたときに洋画をみたり、趣味の散歩をして川沿いを歩いたりして、なにかヒントを得ています。
――今後の活動について教えてください。
Berry's Cafeでオフィスラブを書き続けていきたいと考えていますが、野いちごでホラーや高校生の純愛物も書きたい気持ちがあります。自分に合うジャンルは何だろうと、まだ模索中です。

銀月 桜さんからのメッセージ

こんにちは。銀月 桜と申します。このような機会をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。私事ではありますが、去年のクリスマスに男の子を出産しました。3人目にして生まれた男の子にメロメロの毎日です(笑)。忙しい毎日で、ゆっくりペースではありますが、これからも小説の執筆続けていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

編集部ピックアップ作品

  • 鋭く甘い視線の先の獲物
    口の悪い獣系美男子の正体は、
    警察特殊部隊の上官!?
    満員電車で痴漢されている桜を助けてくれた男は、長身で鋭い眼差しの美男子。しかし、「お礼は体でしてもらおうか?」とまさかの獣系発言!? しかもその男は桜の勤める警察特殊部隊の上官だった。上官命令で強引に同居することになった2人は、次第に惹かれ合っていくが、男には桜に言えない秘密の任務があって…!?

代表作

  • 最愛の恋
    命を奪われた家族の復讐を果たす為、警察官なった美帆。復讐のことしか頭にない美帆だが、少し変わった背の高いイケメンに出会い、気持ちに変化が…。たった1人のつかめない男の手によって、封印していた「心」と仕事の為なら差し出せる「身体」が解かれて行く…。
  • 元恋人の甘い痛み
    高校生のとき、付き合っていた元彼の浮気現場を目撃して、修羅場となり別れてから7年目に再会。彼はイケメン社長になっていて、その秘書として働くことになった優里。相変わらず女好きな彼に悪戦苦闘するが、女遊びするのには理由があるよう。優里も次第に心を動かされて…。
  • 嘘偽りの愛しい体温
    強くて逞しい蓮也に一目惚れをした里桜は、遊ぶ女を演じて身体の関係を持ち掛ける。会うたびに心も身体も惹かれ、1年間想いを隠し偽りながら関係を続ける。しかし、あまりにも好き過ぎて、徐々に心が苦しくなって限界を迎えてしまい…。切ないけれど、どこか甘いLove Story

月刊注目作家とは?

Berry's Cafe編集部で毎月1名、今注目している作家さんを紹介するコーナーです。
執筆活動状況や得意ジャンル、おすすめの作品などを掲載しながら、ふだん、なかなか知ることの出来ない作家さんの魅力を、みなさんにお伝えしていきます♪

このコーナーに取り上げて欲しい作家さんや作家さんへの質問、ご意見ご感想はこちらまで!

バックナンバー