谷村志穂 ベリカフェ×イチオシ作家 限定小説ギャラリー

ベリカフェ×イチオシ作家 限定小説ギャラリー 感想レビューを書いた人から10名に名前入り自筆サイン本が当たる!!

書籍化決定!!谷村志穂さんの青春小説

谷村志穂先生

谷村志穂 Tanimura Shiho
1962年10月29日北海道札幌市生まれ。
北海道大学農学部にて応用動物学を専攻し、修了。
1991年に処女小説『アクアリウムの鯨』(八曜社/角川文庫)を刊行し、自然、旅、性などの題材をモチーフに数々の長編・短編小説を執筆。紀行、エッセイ、訳書など幅広い分野で活躍している。
2003年、郷里の北海道を舞台に描いた『海猫』(新潮社)で第10回島清恋愛文学賞を受賞。

その他、主な著書に『結婚しないかもしれない症候群』『十四歳のエンゲージ』などがある。最新刊は長編小説『尋ね人』(新潮社刊)。
『海猫』『余命』は映画化もされている。

>>オフィシャルウェブサイト HOUSE

連載終了

ついに完結!!感想レビュー大募集中!!

『空しか、見えない』著者:谷村志穂

あらすじ
ありふれた日常に鳴り響いた、1本の電話。
“おしゃもじハッチ”が今、集結する――

ある日の深夜、佐千子の家に鳴り響いた電話。それは中高時代の同級生、義朝の死を知らせるものだった。電話をきっかけとして、10年前の夏、千葉県・岩井海岸で遠泳した仲間8人が再びその海に集まることに。久々の再会が、それぞれにもたらすものとは…?

読 む

谷村志穂さん近刊情報
『千年鈴虫』
『千年鈴虫』
長編小説。
『源氏物語』が、モチーフ。源氏をひもとくカルチャーセンターの講師と、銀座のジュエリーショップで店員をしている「私」が主人公。また、同時期短編小説集『おぼろ月』も刊行となります。解説は、山口ミルコ。祥伝社より現在発売中

>>Amazonで買う

『尋ね人』
『尋ね人』
長編小説。
仕事と恋を同時に失った主人公が、郷里の函館に戻り、母の記憶と街の記憶をたぐり寄せていく中で、街の人々との新たな時間が始まっていきます。
新潮社より1,700円で現在発売中

>>Amazonで買う