-------------それから、ワタシのバイトのない日、木崎センパイのカテキョが来ない日は、木崎センパイに勉強を教わる日々を過ごした。






木崎センパイが作ったテキストは、恐ろしく分かり易くて、たまに、そんなに難しくない漢字にふりがなをふられていたりした。 読めるっちゅーねん。 ワタシ、よっぽどアホだと思われてるらしい。






そんなこんなで、今回のテストは初めて学年50番以内に入った。






木崎センパイ、どんだけ教え方上手いのよ。






木崎センパイのテキストをコピーして沙希にもあげた為、沙希も100番以内に入った。






木崎センパイに直々に勉強を教わっていたんだから、ワタシの方が順位が良くて当然なんだけど、やっぱり沙希に勝った事は若干嬉しい。 だって、いっつもちょっとだけ沙希の方が順位が上だった。






ワタシ的には大満足だったのに、順位を木崎センパイに報告すると『あんだけ教えて何で2ケタ切らないんだよ』と、溜息さえ吐かなかったが、背中で哀愁らしき何かを見せられた。 木崎センパイ、ワタシに10番以内に入れって、無茶苦茶すぎ。

この作品のキーワード
高校生  イケメン  不倫  切ない  青春  出会い  泥沼  愛憎    浮気 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。