----------------6時間目。 古文。






日本語のハズなのに、全くもって理解不能な古い書物の文章に、何発目かさえもう分からない欠伸が出た。






・・・・・・・・・眠すぎる。






必死に眠気と戦っていると、机の中で携帯が光った。







〔今日、ヒマ??〕







木崎センパイからのLINEメッセージ。






木崎センパイの家に行った日に〔母ときちんと話し合いが出来たら、ワタシから必ず連絡しますので、暫く待って下さい〕とメッセージを送ってから、1週間が経っていた。






この1週間、木崎センパイ連絡を取り合っていない。






お母さんと話し合いが出来ていないから、連絡しようもなかった。






木崎センパイからのメッセージはきっと『まだ話し合ってないのかよ』というお咎めだろう。






あぁ。 気が滅入る。






『バイトです』って嘘吐いちゃおうかな。 今日、バイトの日じゃないけど。 ・・・・・・・イヤ、やめとこう。 ウチの住所まで調べていたんだし、ワタシのバイト先も知られてるカモ。 バレた後の言い訳考える方が厄介。






『ふぅ』嘘を吐くワケにいかないから、代わりに溜息を吐いた。

この作品のキーワード
高校生  イケメン  不倫  切ない  青春  出会い  泥沼  愛憎    浮気 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。