沙希へのキスは諦め、『じゃあ、行くね』と沙希に手を振ると、痛めた首を擦りながら教室を出て、校門へ向かった。

 宣言通り、木崎センパイは校門前に立っていた。

 「スイマセン。 待ちました??」

 本当は沙希とふざけてて遅れたくせに『急いで来ました』風を装う為に、小走りで木崎センパイに駆け寄る。

 「・・・行こっか」

 木崎センパイも、ワタシの事はスルーかよ。

 「・・・どこへ行くんですか??」

 「・・・・・・」

 問いかけには答えないし。

この作品のキーワード
高校生  イケメン  不倫  切ない  青春  出会い  泥沼  愛憎    浮気