「また、逢いに来る」

自宅マンション前でそう告げると、秋斗は踵を返していってしまった。

何がどうなった、とかいう事は何一つない。
ただ、三年前と同じことが繰り返されたというだけのこと。

生きる気力を奪われてしまったように、自宅に戻った私はふらふらとベッドへ倒れ込んだ。

何をどう考えればいいのか、少しも解らない。
ただ、苦しくて。
涙が溢れ出すのを、止められなかった。

「助けて……」

誰に縋ればいいのかも判らず、私はその言葉を繰り返す。

その夜。
仕事終わりに来るといっていた春斗は、どうしても急ぎの仕事ができてしまい来られないとメールで連絡をしてきた。
まるで今日のできごとを知っているかのようで、私は僅かな恐怖を感じていた。

春斗にこんなことが知られてしまえば、もう一緒になど居られない。

誰に縋ることもできない苦しい夜に、何をどう考えればいいのか、もう何も解らなくなっていた――――。