◇佐野ちとせ
◆眞木隼人



目の前で同時に恋人に裏切られた、私と眞木。


「は? 俺にあれだけ泣き止むの待たせておいて?」
「そんなの勝手に待ってたんじゃない」
「例え勝手に待ってたとしても、それに対してお礼か謝罪くらいするべきだろ。
おまえは結果的に言えば優しくしてもらったんだから」

始まったのは、キズの舐め合いどころか、100%本音のみの口論。


「佐野放ってどこにも行きたくないからここにいる」
「……お昼休みなくなるよ」
「別に昼抜いたくらいで死なねーだろ」
「自分勝手なくせに気使うとか……バカじゃないの」


俺様で自分勝手でいつもいつも偉そうな態度ばっかで。
でも、気持ちを隠さない分、優しさも直球で。


一応、同類として始まったこの関係が変わる事はあるのだろうか。

例えば……恋とか愛とかそういうものに。



2014.2.20  start
2014.8.12 end



※  文庫化にともない、15ページ以降を非公開とさせていただいております。 ※





好評発売中

あらすじを見る
失恋したOLのちとせは社内人気No.1のイケメン、眞木に泣いているところを見られてしまう。クールで誰にもなびかないと噂の眞木から「お前の泣き顔、可愛いな」と言われて戸惑うけれど、以来、彼とは会社でランチをともにする関係に。強引に食事やデートに誘ってきたりと俺様ながらも、さりげなく優しい彼は、唯一弱みを見せられる相手。ある日、一緒に行った映画館で突然キスされて…!?
この作品のキーワード
俺様  失恋  大人  嫉妬  美形    イケメン  独占欲  浮気  いとこ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。