学園通りのフラワーショップ

『ラ・フルール』が私の職場


店の前には、広い敷地があるので色とりどりの鉢植えが並び通るの人の目を楽しませる。

店の外観はフラワーショップにしては珍しいダークブラウンでアンティークを思わせる雰囲気。


作業台や花台などもアンティーク調なのでたくさんある花の色彩がとても綺麗なお店。


「あ…ピンクのリボンの在庫ってまだありました?」


「どうかな。倉庫見てみて。」


「はーい。なかったら発注かけますねー。」


店長と静香さんのやりとりを聞きながら私は店の外に並べられた鉢植えを店内へと片付ける。


「ほんと…毎日思うけど出すからしまわなきゃいけなくて、結構大仕事ですよね。」


「俺も何年も思い続けてる。」


店長と顔を見合わせて思わず笑った。

この作品のキーワード
極道  若頭  ヤクザ  再会  恋愛  溺愛  イケメン  大人の恋  独占欲  バリトン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。