閉店近くなり、少しずつ外の鉢植えを片付けているとポケットの中のスマホがメールの着信を知らせた。


開封すると春香さんで、わたしも今日行くね。久しぶりに飲もうという嬉しい知らせだった。


外に出るとまだまだ暑いけれどそんな事すら気にならなくなった。



「お疲れ様でした。」


裏口からみんなで出ると手を振ってわかれ


私はいつもと反対方向の駅へ向かって歩き出した。


駅のトイレでパウダーシートで汗をふき簡単にメイクをなおし


一駅先の繁華街のある駅で降り足早に大和さんのお店 BRILLIAへ向かった。


繁華街の中は仕事帰りの人や同じように暑気払い気分の人も多く人通りが多く感じる。


奥の方へ行くと治安が悪いと言われているが大和さんの店はその手前にあり


キャッチの人を避ければこの時間帯は問題ない。



この作品のキーワード
極道  若頭  ヤクザ  再会  恋愛  溺愛  イケメン  大人の恋  独占欲  バリトン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。