あの日、あたしは親友の吉村(ヨシムラ)ひかりの恋を応援していた。

そんなひかりが悲劇に見舞われるなんて思ってもみなかった高校2年生、17才の5月……。



あたしが教室に入ると、親友のひかりが慌ててベビーピンク色の封筒をカバンの中にしまうところだった。

「ひかりー 慌ててしまったのはなあに?」

ひかりの頬がみるみるうちに朱に染まる。

あ、そうか。

ひかりが同じクラスの小杉健人(コスギケント)に片思いをしているのを知っていた。

お昼休み、教室に残っているのは数人で、あたしは購買部から大好きなイチゴヨーグルトを買って戻ってきたところだった。

ひかりとは席が隣同士。

席に近づくあたしをひかりは恥じらうような表情でみる。

からかってみたけれど、深く追求することなくひかりの隣に腰をかけるとイチゴヨーグルトのパッケージを開けた。

「亜美(アミ)ちゃん……」

透明感のあるきれいな声。

マスカラなんてしていない真っ黒で濃いまつ毛。

この作品のキーワード
高校生  部活  合宿  事故  天然石  ブレスレット  切ない